財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
S99009
タイトル
保守作業時のグループエラー行動予測に関するプロトタイプシステムの開発と性能評価
[Title]
Development and performance evaluation of a prototype system for prediction of the group error at the maintenance work
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
原子力発電所におけるより一層のエラーのゼロ化を図るため、保守作業時のグループエラー行動を予測するためのプロトタイプシステムを開発した。その特徴は次の通りである。(1)利用者が本システムに、予測対象としての「保守作業の特徴要因」、「組織・体制要因」および「グループPSF要因」の存在の有無と程度を入力することにより、7段階の階層からなる予測因果モデルを介して、目的とする保守グループエラーなどを予測できる (図1参照)(2)本システムは、「連携エラー」を最も高い割合で予測し、ついで「検知エラー」を高い割合で予測している。そして「意志決定エラー」、「伝達エラー」および「状態認知エラー」に対しては、ほぼ同じような割合で予測する特性を有している。(図2参照)
[Abstract]
In order to attain zero-izing of much more error rather than it can set to a nuclear power plant, Authors development and its system-izing of the error prediction causal model which predicts group error action at the time of maintenance work were performed. This prototype system has the following feature. (1) When a user inputs the existence and the grade of the existence of the "feature factor of the maintenance work" as a prediction object, "an organization and an organization factor", and a "group PSF factor" into this system. The maintenance group error to target can be predicted through the prediction model which consists of a class of seven stages. (figure 1 reference) (2)This system By utilizing the information on a prediction result database, it can use not only for prediction of a maintenance group error but for various safe activity, such as KYT (dangerous forecast training) and TBM (Tool Box Meeting).(Figure 1 reference) (3)This system predicts a "cooperation error" at highest rate, and, subsequently predicts the "detection error" at a high rate.And to the "decision-making error", the "transfer error"and the "state cognitive error", it has the characteristic predicted at almost same rate.(Figure 2 references) (4)if it has full knowledge even of the features, such as the enforcement conditions of maintenance work, and organization, even if the user has neither the knowledge about a human factor, nor experience, anyone of this system is slight about the existence, its extent, etc. of generating of a maintenance group error made difficult from the former logically and systematically easily,it can predict in business time for about 15 minutes
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

吉野 賢治

ヒューマンファクター研究センター

弘津 祐子

原子力情報センター

キーワード [Keywords]
和文 英文
保守作業 Maintenance Work
グループエラー Group Error
エラー予測 Error Prediction
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.