財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T01037
タイトル
電力自由化の下での不確実性を考慮した設備形成 -予備力から見た新規参入可能量評価と社会的不確実性を含む信頼度評価のモデル検討-
[Title]
Power system development considering uncertainty under deregulated environment- Evaluation of possible generation capacity of new power producers from reserve margin and a model study of reliability analysis including social uncertainty -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力自由化のもとでの設備形成面からの供給信頼度確保に関し,以下を明らかにした。1)電源予備力を一定水準に維持するという条件下で,新規参入電源の保有予備力と供給確実性をパラメータに参入可能量を試算し,確保すべき設備率を1.2とすると予備力を持たずに参入可能な上限は約30%となることを示した。2)不確実性下での設備形成に関してモデル系統を用いた信頼度解析を実施し,a)設備事故などの統計的不確実性のみに着目した社会コスト最小化の観点からの最適信頼度レベルは,常時でも停電が生じ始める状態に相当することを明らかにした。しかし,この点は社会的不確実性の顕在化に際して,社会コストの大幅な増加をもたらすことを示した。b)社会的不確実性を考慮した設備形成の評価として,需要の伸びが不確実の場合を例に,柔軟性の高い系統構成について検討し,不確実性に対してロバストな系統構成について明らかにした。
[Abstract]
Reliability issues in power system development under electricity liberalization scheme are studied using model system and the following were clarified.1) The maximum capacity of non-utility generation allowable for a power system was evaluated from the viewpoint of reserve capacity and certainty of its supply. It was shown that the maximum capacity would be around 30% of the total demand if the minimum capacity reserve ratio of the whole system should be maintained 1.2. 2) The following were shown from the reliability analysis of the model system:a) It was demonstrated that the optimal reliability level under which social cost is minimized could be attained under the condition just before and after rotating blackout if the only statistical uncertainty such as equipment failure is considered. This condition is highly vulnerable to social uncertainty and has a possibility of resulting to intolerable high social cost.b) As an example of evaluation of power system planning under uncertainty, flexibility of power system configuration against the uncertainty of demand increase was studied and the approach to the robust planning was shown.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

栗原 郁夫

狛江研究所電力システム部

岡田 健司

経済社会研究所

永田 真幸

狛江研究所電力システム部

竹原 有紗

狛江研究所電力システム部

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力自由化 liberalization
設備形成 power system development
供給信頼度 reliability
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.