財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T03020
タイトル
高調波評価方法の規格改正が限度値の物理的意味に及ぼす影響
[Title]
Study of the impact on harmonic current limits of amendment of the standard of the harmonics estimation method
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
高調波電流限度値を規定しているJISは,国際整合化の点からIEC規格を基本としている。最近,高調波評価方法のIEC規格が改正されたため JISも改正すべきとの要求がある。本報告は,JISへの導入前に改正内容とその影響を調査したものである。その結果,主なものは以下の通りであった。(1)中間高調波も含めて評価することになったため測定値が大きくなる。特に近隣の中間高調波が含まれている場合には改正前後で大きな差が出る。(2)時定数1.5秒の平滑化後の平均値に限度値を適用し,瞬時値は限度値の150%まで許容されることになったため,短時間だけ限度値を超過する機器には条件緩和となった。(3)高次高調波電流は全体的に低い値であれば単独次数は限度値の150%まで許容されることになったため,単一次数だけ限度値を超過する機器には緩和となった。
[Abstract]
The Japanese industrial standard for harmonic current limits caused by household appliances is based on the related IEC standards. Because the method of estimating harmonic current in the IEC standards was amended recently, it has become necessary to amend the standard in Japan to adjust to the IEC standard. It is important to clarify the impacts on harmonic current limits of changing the harmonics estimation method before amending the Japanese standards.This report explains the differences in the IEC standards before and after the amendment and shows the impacts of the amendment on harmonic current limits.The main differences in the new standard and their impacts are as follows.(1) A harmonic current is estimated as a harmonic group, which includes the related interharmonics. Since the number of cycles in the time window for measurement is different in the 50Hz system and in the 60Hz system, the same appliance has different estimation values.(2) Harmonic currents are estimated using the average values during the observation periods. Thus, appliances can flow much higher levels of harmonic current for a short period than before the amendment. This means relaxation of the limits for appliances with fluctuating current.(3)High-order harmonic currents are estimated by a partial odd harmonic factor. This also means relaxation of the limits.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

雪平 謙二

狛江研究所需要家システム部

キーワード [Keywords]
和文 英文
高調波 Harmonics
測定 Measurement
評価 Estimation
IEC規格 IEC standard
限度値 Limit
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.