財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T03052
タイトル
需要地系統の運用管理手法の開発 -運用管理システムの実証評価と常時運用手法の改良-
[Title]
Development of Operation and Control Method for Autonomous Demand Area Power System:Demonstration and Evaluation for Operation and Control System and Improvement of Usual Operation and Control Method
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
近年、分散型電源の系統への連系が進みつつある状況の中、配電系統への影響が懸念されている。これに対処するために当所では、需要地系統という新しい概念を提案している。当所では、分散型電源が導入された場合に、電圧変動、高調波、単独運転などの種々の問題が発生する可能性があることを指摘した。これまでに需要地系統の運用方法を提案し、その実現に必要な最適制御量決定プログラムを開発した。本報告では、当所の赤城試験センターに需要地系統ハイブリッド実証実験設備の一部として導入された運用管理システムを用いて、通信システムを含めた常時運用の基本動作に関して試験を行った。その結果、本運用方式がほぼ設計通りであることを確認し、動作に要する時間の短縮が必要であることを明らかにした。また、常時運用において、制御量の決定のために収集した時点の負荷・発電データと制御をかける時点でのデータに誤差があるため、最適な制御とならない場合がある。その対策として、ループコントローラによる自端制御が有効であるが、系統全体の運用効果を損なわないよう制限値を設ける必要がある。
[Abstract]
Recently, there has been concern about the effect on the electric power system under conditions where connection of dispersed generators to the system is proceeding. To address this concern, the general idea of a autonomous demand area power system was proposed within CRIEPI.When many dispersed generators are introduced, we pointed out that various problems occurred, such as voltage fluctuation, harmonics, and the islanding phenomena. We have already proposed how to operate and control an autonomous demand area power system and developed an optimal control program.In this paper, by using Operation and Control System introduced, we tested the movement of the usual operation for Autonomous Demand Area Power System including the communication and the problems of this system was extracted. By the experimental results, we confirmed that the movement character of this system is good and one of some problems is movement time. In usual operation for Autonomous Demand Area Power System, we cannot control optimaly for a gap between data of load and output power of generators to control LPC and data in a moment of controlling LPC. It is effective that LPC moves in the own judgment in order to reduce this gap but there is a limit to move.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

上村 敏

狛江研究所需要家システム部

岡田 有功

狛江研究所需要家システム部

大谷 哲夫

情報研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
需要地系統 Autonomous Demand Area Power System
運用管理システム Operation and Control System
常時運用 Operation and Control in Steady State
自律制御 Autonomy Control
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.