財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T93074
タイトル
逆問題型多チャンネル計測のためのチャンネル選択アルゴリズムの開発−高分離能赤外分光計を用いた大気探査の利用データ選択への適用−
[Title]
DEVELOPMENT OF CHANNEL-SELECTIONAL ALGORITHMFOR MULTICHANNEL MEASUREMENT WITH INVERSION ANALYSIS -APPLICATION TO CHANNEL SELECTION FOR ATMOSPHERIC SOUNDING WITH HIGH-RESOLUTION INFRAREDSPECTROMETER
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地球物理全般,医療や材料検査の超音波断層像など,波の周波数・発射位置・向きなどを変えながら,検出される信号の強度・位相などを解析して,対象物の構造を調べることが行われている。このような逆問題型の計測では,チャンネル数を増やすことで未知パラメータの推定精度の向上をはかれるが,解析のための計算機資源も増加する。したがって,得られるデータを合理的に選択する必要が生じる。多数のデータ(チャンネル)の一部のみ用いることでも得られる結果の精度を損なわないようなチャンネルの選択の基準を示しその基準に基づく選択を近似的に実現するアルゴリズムを開発した。さらにそのアルゴリズムを衛星搭載用温室効果気体センサIMGの使用に合わせて適用し,解析のシミュレーションを行い,よい結果を得ることができた。このアルゴリズムは,一度に大量のデータを取得し逆問題を解くことで未知パラメータを推定するような計測装置への応用が期待
[Abstract]
INDIRECT MEASUREMENT METHODS ARE USED WIDELYIN GEOPHYSICAL OBSERVATION,AND MEDICAL OR MATERIAL INSPECTION. THE STRUCTURE OF AN OBJECT CAN BE DETERMINED BY INVERSELY ANALYZING DATA OBTAINED FROM A MULTI-CHANNEL INSTRUMENT THAT CAN DETECT THE CHANGE OF INTENSITY OR PHASE OF A SIGNAL BY SCANNING THE FREQUENCY,DIRECTION AND/OR POSITION OF THE DETECTOR. WHEN USING INVERSION ANALYSIS FOR MEASUREMENT,AN INCREASE IN THE NUMBER OF CHANNELS RESULTS IN HIGHER ACCURACY. HOWEVER,THIS INCREASE IN ACCURACY IS ACCOMPAINED BY INCREASED COMPUTATIONAL EFFORT TO ANALYZE THE DATA. THEREFORE,IT IS IMPORTANT TO DEVELOP AN ALGORITHM THAT CAN USE A MINIMUM NUMBER OF CHANNELS WHILE ATTAINING THE REQUIRED DEGREE OF ACCURACY. AN ALGOITHM WAS DEVELOPED FOR CHANNEL SELECTION BASED ON SPECIFIC QUALITY CRITERIA. IT WAS APPLIED TO IMG (INTERFEROMETRIC MONITOR FOR GREENHOUSE GASES),AND THE ANALYSIS OF IMG DATA WAS SIMULATED. THE QUALITY OF RESULTS OBTAINED FROM THE SELECTED CHANNEL SETIS SIMILAR TO THAT OF THE RESULTS OBTAINED FROM ALL THE CHANNELS. THISALGORITHM IS EFFECTIVE FOR USE WITH MULTICHANNEL INSTRUMENTS USING INVERSION ANALYSIS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

門倉 真二

狛江研究所大気物理部地球気象グループ

下田 昭朗

狛江研究所大気物理部地球気象グループ

小林 博和

狛江研究所大気物理部地球気象グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
逆問題 INVERSE PROBLEM
大気赤外分光 ATMOSPHERIC INFRARED SPECTRA
多変量解析 MULTIVARIATE ANALYSIS
IMG IMG
リモートセンシング REMOTE SENSING
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.