財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T95045
タイトル
高分解能赤外分光計を用いた大気探査のためのデータ解析手法の開発−非線形性を考慮した逆解析手法−
[Title]
DEVELOPMENT OF DATA ANALYSIS ALGORITHM FOR ATMOSPHERIC SOUNDING USING HIGH-RESOLUTION INFRARED SPECTROSCOPY -RETRIEVAL ALGORITHM FOR NON-LINEAR TERMS-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
赤外分光は温室効果気体の濃度や気温など,大気の物理パラメータの探査の方法として有効とされ,人工衛星搭載の温室効果気体センサIMGにも利用されている。赤外分光法で得られたデータから物理パラメータを得るには逆解析と呼ばれる解析処理を行う必要がある。従来からの逆解析手法で残されていた,非線形性に起因する誤差の軽減のため,手法を高度化した。第1は,基本方程式にて非線形項が計測誤差と同じ形式で加わる点に着目し,「等価雑音」として処理するというものである。この手法は従来の解析手法と適合性が高く,実用化も容易である。第2は,計算負荷を軽減させるための利用データ(チャンネル)の選択手法の高度化である。これまでは,チャンネル選択の基準として推定誤差を減少させる程度を用いてきたが,今回,それを計算負荷で割った値を基準とするようにした。これらの手法をIMGの解析条件でシミュレーションを行い,いずれも良好な結果を得た。
[Abstract]
TINFRARED SPECTROSCOPY IS AN EFFECTIVE METHOD FOR SOUNDING ATMOSPHERIC PARAMETERS,SUCH AS TEMPERATURE AND/OR CONCENTRATION OF GREENHOUSE GASES AND IT IS USED IN THE IMG,(INTERFEROMETRIC MONITOR FOR GREENHOUSE GASES) ON AN EARTH SATELLITE. THE PHYSICAL PARAMETERS ARE OBTAINED BY INVERSION ANALYSIS OF THE REMOTE SENSING DATA. THE INVERSION ALGORITHM DEVELOPED PREVIOUSLY HAS BEEN IMPOVED TO REDUCEERROR FROM NON-LINEAR EFFECTS. THE FIRST IMPROVEMENT IS INTRODUCTION OF EQUIVALENT NOISE ,WHICH IS PROCESSED AS AN ADDITIONAL NOISE TREM. SINCE IT REQUIRES NO ADDITIONAL PROCESSING AT ANALYSIS,THIS TERM IS COMPATIBLE WITH THE PREVIOUS ALGORITHM AND IS EASILY USED. THE SECOND IMPROVEMENT IS TO THE CHANNEL SELECTION ALGORITHM TO REDUCE THE CALCULATION TIME FOR FORWARD ANALYSIS. THE PREVIOUS VERSION OF THE ALGORITHM WAS DEVELOPED SO THAT ANALYSIS COULD OPERATE ON THE MINIMUM NUMBER OF CHANNELSWHILE ATTAINING THE REQUIRED DEGREE OF ACCURACY. THE CRITERION WAS BASED ON THE ACCURACY IMPROVEMENT MADE BY ADDING EACH CHANNEL. THE PRESENTVERSION IS MORE RATIONALISED AND DIVIDES OLD CRITERIA BY THE CALCULATION LOAD FOR THE CHANNEL. THESE IMPROVEMENTS HAVE BEEN APPLIED TO THE IMG ANALYSIS SYSTEM,AND IMG DATA ANALYSIS HAS BEEN SIMULATED. THE RESULT INDICATE THAT THE IMPROVEMENTS ARE EFFECTIVE.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1996/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

門倉 真二

狛江研究所大気物理部地球気象グループ

小林 博和

狛江研究所大気物理部

下田 昭朗

狛江研究所大気物理部地球気象グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
大気赤外分光 INFRARED SPECTROSCOPY
逆問題 INVERSE PROBLEM
非線形性 NON-LINEARTY
人工衛星 SATELLITE
温室効果気体 GREENHOUSE GASES
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.