財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T96070
タイトル
温室効果気体の移流モデルの開発
[Title]
DEVELOPMENT OF SIMULATION MODEL FOR ADVECTION OF GREENHOUSE GASES
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
温室効果気体センサIMGなどによる温室効果気体の観測データを有効に活かすため移流モデルを開発した。本モデルは従来からある全球モデルをベースとしたものと比べると,東アジア地域を高空間分解能としたネスティング行った点が異なる。本モデルに対して客観解析及び地域気候モデルに基づく気象場とIRS91シナリオに基づくCO2発生源モデルを適用し,濃度分布の変化をシミュレートした。得られた結果より,領域・期間通じての最大変化は,全球モデルでは40%抑えられていることが判明した。また,遠方への輸送効果は1ヵ月程度の期間でも5000km程度にまで及ぶこと,但し,発生源から3000km程度離れた地点ではその構造は全球モデルでの値と区別つかない程度にまで緩和されることがわかった。以上より,本モデルでのネスティング手法の有効性が確認された。
[Abstract]
AN ADVECTION MODEL FOR GREENHOUSE GASES WAS DEVELOPED TO USE THE CONCENTRATION DATA FOR GREENHOUSE GASES OBSERVED BY SENORS SUCH AS THE IMG(INTERFOROMETRIC MONITOR FOR GREENHOUSE GASES).THE PRESENT MODEL USES ADUANCED NESTING TECHNIQUES,COMPARED TO PREVIOUS MODELS WHICH ARE BASICALLY GLOBAL MODELS.THE VARIATION OF THE CO2 MIXING RATIO WAS SIMULATED BY USING METEOROLOGICAL FIELDS BASED ON OBJECTIVE ANALYSIS AND THAT THE EAST-ASIAN REGIONAL CLIMATOLOGICAL MODEL,AND CO2 EMISSION DATA BASED ON IRS91.THE RESULTS SHAWS THAT THE MAXIMUM RANGE,ALL OVER THE EAST-ASIAN AREA IS 40% SMALLER IN THE GLOBAL COARSE GRIDMODEL THAN IN THE NESTED MODEL.IT IS ALSO NOTEWORTHY THAT:(1)THE INTENSIVE CO2 MISSION AFFECTS AN AREA 5000 KM IN A MONTH,AND (2)THE SPATIAL STRUCTURE DECAYS AT 3000 KM FROM SOURCE,SO THE DIFFERENCE BETWEEN THE RESULTS OF THE PRESENT MODEL AND THAT OF THE GLOBAL MODEL IS NEGLIGIBLE.THESE RESULTS CONFIRM THE VALIDITY OF THE NESTING TECHNIQUE USED IN THEPRESENT MODEL.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1996
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

門倉 真二

狛江研究所大気科学部

下田 昭朗

狛江研究所大気科学部

小林 博和

狛江研究所大気科学部

加藤 央之

狛江研究所大気科学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
温室効果気体 GREENHOUSE GASES
移流 ADVECTION
セミラグランジェ法 SEMI-LAGRANGE SCHEME
地球温暖化 GLOBAL WARMING
階層化 NEATING
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.