財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T97003
タイトル
統計気候モデルを用いた地域気候変化予測手法の開発(その1)−わが国の気温場に対する手法の適用妥当性の検討−
[Title]
DEVELOPMENT OF REGIONAL CLIMATE CHANGE PREDICTION METHOD USING STATISTICAL DOWNSCALING(1) -APPLICATION TO TEMPERATURE FIELD IN JAPAN-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
全球気候モデルの粗い出力結果を地域スケールに翻訳する目的で構築された統計気候モデルを,日本の地上および上層5高度の月平均気温偏差データ(13地点,37年間)に適用し,妥当性を検討した。主成分分析により抽出された地上気温変化パターンのうち,全分散の6〜8割を説明する第1主成分スコアと上層気温場からの推定スコアの相関係数は高く,全ての月で1%水準で統計的に有意であった。また第2主成分についても,相関係数は第1主成分の場合より低いものの,ほとんどの月で1%水準で有意であった。正準相関分析を用い,上層1,2主成分と地上第1,2主成分を関連付けた解析では,南部の夏季という例外を除き,個々の地点の地上気温の観測値と推定値の相関係数は1%水準で有意であった。以上の検討結果により,日本周辺の地域における上層気温場と地上気温場の強い相関が明らかになり,統計気候モデルの当該地域への適用の妥当性が示された。
[Abstract]
STATISTICAL DOWNSCALING METHODS, WHICH WERE DEVELOPED TO INTERPRET THE COARSE RESOLUTION GENERAL CIRCULATION MODEL (GCM) OUTPUT INTO REGIONAL SCALE CLIMATE INFORMATION STATISTICALLY, WERE EVALUATED BY APPLICATION TO THE TEMPERATURE FIELD IN JAPAN. MONTHLY ANOMALY DATA FOR THE SURFACE AND UPPER (5 PRESSURE LEVELS) AIR TEMPERATURES OBSERVED AT 13 STATIONS IN JAPAN FOR 37 YEARS WERE ANALYZED USING MULTIVARIATE ANALYSIS. FIRST, TEMPERATURE CHANGE PATTERNS WERE DERIVED FROM THE DATA SET USING PRINCIPAL COMPONENT ANALYSIS. SECOND, THE 1ST AND 2ND PRINCIPAL COMPONENTS OF THE SURFACE AIR TEMPERATURE WERE ESTIMATED FROM THE 1ST AND 2ND PRINCIPAL COMPONENTS OF THE UPPER AIR TEMPERATURE. WITH REGARD TO THE 1ST COMPONENT OF THE SURFACE AIR TEMPERATURE, WHICH ACCOUNTS FOR 60% TO 80% OF THE DATA VARIANCE, THE CORRELATION COEFFICIENTS BETWEEN THE SCORES CALCULATED FROM OBSERVATION AND ESTIMATION ARE STATISTICALLY SIGNIFICANT (P<0.01) FOR ALL MONTHS. ALTHOUGH THE CORRELATION COEFFICIENTS FOR THE 2ND PRINCIPAL COMPONENT OF THE SURFACE AIR TEMPERATURE ARE SMALLER THAN THOSE FOR THE 1ST PRINCIPAL COMPONENT, THEY ARE STATISTICALLY SIGNIFICANT (P<0.01) FOR MOST MONTHS. THIRD, THE SURFACE AIR TEMPERATURE AT EACH STATION WAS ESTIMATED USING CANONICAL CORRELATION RELATIONSHIP BETWEEN THE 1ST AND 2ND PRINCIPAL COMPONENTS OF THE SURFACE AIR TEMPERATURE AND THOSE OF THE UPPER AIR TEMPERATURE. ALTHOUGH MORE PRINCIPAL COMPONENTS ARE REQUIRED TO REPRODUCE THE SUMMER SURFACE TEMPERATURE FIELD IN THE SOUTHERN REGION, THE CORRELATION COEFFICIENTS BETWEEN OBSERVATION AND ESTIMATION ARE STATISTICALLY SIGNIFICANT (P<0.01) FOR THE OTHER SEASONS AND STATIONS. THEREFORE, THERE IS A STRONG RELATIONSHIP BETWEEN THE SURFACE AND UPPER AIR TEMPERATURE FIELDS OVER JAPAN AND STATISTICAL DOWNSCALING METHODS CAN BE APPLIED TO THE AREA.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大島 直子

狛江研究所大気科学部

加藤 央之

狛江研究所大気科学部

門倉 真二

狛江研究所大気科学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
統計的ダウンスケーリング STATISTICAL DOWNSCALING
地球温暖化 GLOBAL WARMING
気温 AIR TEMPERATURE
主成分分析(PCA) PRINCIPAL COMPONENT ANALYSIS(PCA)
正準相関分析(CCA) CANONICAL CORRELATION ANALYSIS(CCA)
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.