財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T97055
タイトル
地球温暖化に伴う東アジア地域の気候変化予測−NCAR−CCM3放射モデルの適用による地域気候モデルの開発−
[Title]
PROJECTION OF THE CLIMATE CHANGE OVER EAST ASIA DUE TO GLOBAL WARMING -DEVELOPMENT OF A REGIONAL CLIMATE MODEL BASED ON THE NCAR CCM3 RADIATION MODEL-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
大気大循環モデル(CCM3)の放射モデルを,米国大気研究センター(NCAR)の地域気候モデル(RegCM)に組み込んだ。CCM3の放射モデルでは,二酸化炭素以外の温室効果気体,氷晶雲,硫酸塩エアロゾルなどが考慮されている。新しい地域気候モデルを用いて,1990年6月(30日間)の東アジア地域を対象とした気候再現実験をおこなったところ,陸地面上での気温が観測値と比較して著しく(5度C程度)低く計算された。原因のひとつは,見かけの全雲量が大きすぎることであったため,気柱に含まれる雲層の数に応じて部分雲量を減少させる新しい雲診断スキームを考案した。これにより,地上気温を1−2度C高めることができた。さらに,部分的に空を覆う雲の太陽放射特性のパラメーター化スキームを改良することによっても,地上気温を1−2度C高めることができた。以上の改良の結果,計算値と観測値の差は,かなり縮小された。開発された地域気候モデルを用いて,二酸化炭素および硫酸塩エアロゾルの放射効果を評価したところ,エアロゾルの光学的厚さの倍増は,二酸化炭素の濃度の倍増に匹敵する放射強制力(ただし逆符号)をもたらすことが明らかになった。
[Abstract]
THE CCM3 RADIATION MODEL HAS BEEN INCORPORATED IN THE REGIONAL CLIMATE MODEL (REGCM) OF NCAR. GREENHOUSE GASES OTHER THAN CO2, ICE CLOUDS, AND SULFATE AEROSOLS ARE TAKEN INTO CONSIDERATION IN THE CCM3 RADIATION MODEL. WE SIMULATED THE REGIONAL CLIMATE OVER EAST ASIA FOR JUNE, 1990 AND OBTAINED AN AVERAGE SURFACE AIR TEMPERATURE MUCH COOLER (ABOUT 5 K) THAN THAT OBSERVED OVER LAND. AFTER THE INTRODUCTION OF A NEW DIAGNOSIS SCHEME WHICH REDUCES THE FRACTIONAL COVERAGEOF OVERLAPPING NON-CONVECTIVE LOUDS, THE SURFACE AIR TEMPERATURE INCREASED BY 1 TO 2 K. ADDITIONAL WARMING OF 1 TO 2 K WAS REALIZED BY IMPROVING THE PARAMETERIZATION SCHEME FOR SOLAR RADIATIVE PROPERTIES OF PARTIAL STRATIFORM CLOUDS. AS A RESULT OF THESE MODIFICATIONS, THE CALCULATED SURFACE AIR TEMPERATURE AGREED MORE CLOSELY WITH THE OBSERVATIONS. THE RADIATIVE FORCING OF CLIMATE DUE TO ATMOSPHERIC CO2 AND SULFATE AEROSOLS WAS ESTIMATED USING THE REGCM. THE COOLING EFFECT OBTAINED BY DOUBLING THE OPTICAL THICKNESS OF AEROSOLS HAD A COMPARABLE MAGNITUDE TO THEWARMING EFFECT OBTAINED BY DOUBLING THE CO2 CONCENTRATION.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

西澤 慶一

狛江研究所大気科学部

Filippo G

米国大気研究センター(NCAR)

キーワード [Keywords]
和文 英文
地域気候モデル REGIONAL CLIMATE MODEL
放射モデル RADIATION MODEL
NCAR共同気候モデル NCAR COMMUNITY CLIMATE MODEL
雲診断スキーム CLOUD DIAGNOSIS SCHEME
放射強制力 RADIATIVE FORCING
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.