財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T97073
タイトル
地球温暖化によるアジアモンスーン変動−NCAR・CSMを用いたCO2倍増時の予測−
[Title]
ASIAN MONSOON AT THE TIME OF GL OBAL WARMING-PREDICTION FOR DO UBLED CO2 BY NCAR-CSM-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
NCAR−CSMを用いて行われたCO2漸増実験によるデータを,アジアモンスーン地域の風系を中心として解析を行い,CO2二倍増加時の気候変動について以下の予測結果を得た。1月ではフィリピンからインド洋に抜ける風が強まる。7月では,その逆向きの風が大幅に弱まる。風系の変動のため,1月と7月の風向の■度分布と平均風のなす角度で定義されるモンスーン地域は,黒海・カスピ海の南側が新たに加わり,北西太平洋の一帯が失われた。1月には太平洋北側亜赤道帯からの西向き水蒸気フラックスは増加するが,フィリピン・ボルネオの降水は減少する。7月ではインド洋水温上昇による水蒸気フラックス増加に伴い,インド及び南シナ海から朝鮮半島に至る領域の降水が増加する。太平洋からの東風勢力の拡大により,西太平洋の降雨帯の位置は南西方へ移動した。アジアモンスーン地域の降水変化はほぼ水蒸気フラックスの発散の変化で説明される。
[Abstract]
CLIMATIC DATA IN THE EVENT OF DOUBLED ATMOSPHERIC CO2 IS SIMU LATED USING NCAR-CSM, AND THE F OLLOWING RESULTS ARE OBTAINED F OR THE ASIAN MONSOON AREA. FOR THE WIND SYSTEM, THE FLOW FROM THE PHILIPPINES TO THE INDIAN O CEAN IN JANUARY IS ENHANCED, WH ILE THE ANTIPARALLEL FLOW IN JU LY IS MODERATED. THE MONSOON AR EA, WHICH ISDEFINED BY THE FRE QUENCY OF WIND DIRECTIONS IN JA NUARY AND JULY AND THE ANGLE BE TWEEN THE AVERAGE WINDS IN JANU ARY AND JULY, IS EXPANDED IN TH E SOUTHERN REGION OF THE BLACK SEA AND THE CASPIAN SEA, AND VA NISHES OVER THE NORTH-WESTERN A REA OF THE PACIFIC OCEAN. THE W ESTWARD MOISTURE FLUX IN JANUAR Y INCREASES IN THE SUBEQUATORIA L REGION OVER THE NORTH PACIFIC OCEAN, WHILE ITS DIVERGENCE AN D PRECIPITATION OVER THEAREA F ROM THE PHILIPPINES TO KALIMANT AN DECREASE. THE MOISTURE FLUX IN JULY ALSO INCREASES OVER THE INDIAN OCEAN, DUE TO HIGHER TE MPERATURES DESPITE WEAKER WIND. THIS CAUSES AN INCREASE IN PRE CIPITATION OVER INDIA, AND THE AREA FROM THE SOUTH CHINA SEA T O THE KOREAN PENINSULA. THE PRE CIPITATION BELT OVER THE NORTH- WEST PACIFIC SHIFTS SOUTH-WESTWARD DUE TO THE DISTENTION OF TH E WESTWARD WIND.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1998/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

門倉 真二

狛江研究所大気科学部

加藤 央之

狛江研究所大気科学部

大島 直子

狛江研究所大気科学部

平口 博丸

我孫子研究所環境科学部

仲敷 憲和

我孫子研究所環境科学部

筒井 純一

我孫子研究所生物科学部

丸山 康樹

我孫子研究所環境科学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 GLOBAL WARMING
アジアモンスーン ASIAN MONSOON
GCM GCM
気候変化予測 PREDICTION OF CLIMATE CHANGE
水蒸気フラックス MOISTURE FLUX
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.