財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T98073
タイトル
地球温暖化に伴う東アジア地域の気候変化予測 -−NCAR陸地面モデルの適用による地域気候モデルの開発−-
[Title]
Projection of the Climate Change over East Asia Due to Global Warming-Development of a Regional Climate Model Based on the NCAR Land Surface Model-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国大気研究センター(NCAR)の陸地面モデル(LSM)を地域気候モデルに組み込み、梅雨期(1990年6月)の東アジアを対象とした気候再現の数値実験を実施した。LSMを用いた地域気候再現実験の結果を、生物圏−大気圏輸送スキーム(BATS)を用いて得られた結果と比較したところ、LSMによる平均地上気温の再現値は、中国大陸の平原部で、BATSによる再現値より少し(0.5−1℃)高かった。この差の主な原因は、植物キャノピーにより吸収される太陽放射量の増加であった。LSMとBATSとの相違は、水の浸透量の評価において最も顕著に現れており、LSMを用いた実験では、降水の大部分が地表面で流出せずに土壌中に浸透することが示された。 新版の地域気候モデルは、観測された平均地上気温を概ね良好に再現した。梅雨前線に沿った降雨も現実的にシミュレートされたが、再現された積算降水量が観測値とよく一致しない地域もあった。
[Abstract]
We have incorporated the NCAR Land Surface Model (LSM) into a regional climate model (RegCM) and carried out numerical experiments to simulate the East Asian climate in the early summer rainy season (June, 1990). We compared the results obtained using LSM with those obtained using the Biosphere-Atmosphere Transfer Scheme (BATS). The monthly mean surface air temperature over lowland areas in China estimated using LSM was slightly (0.5-1ーC) higher than that estimated using BATS. This difference was mainly caused by an increase in the amount of solar radiation absorbed by the vegetation canopy. The most significant difference between the LSM and BATS results concerned the amount of water infiltration: the LSM results indicated that a major part of incident precipitation infiltrated into the soil instead of running off at the ground surface. The monthly mean surface air temperature observed over land was reproduced fairly well by the new RegCM. The rainfall along the "Bai-u" front was realistically simulated; however, in some regions, the monthly total precipitation obtained using the RegCM did not agree well with the observed value.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

西澤 慶一

狛江研究所大気科学部

Filippo Giorgi

Abdus Salam ICTP

キーワード [Keywords]
和文 英文
地域気候モデル regional climate model
NCAR陸地面モデル NCAR Land Surface Model
気候再現 climate reproduction
東アジア East Asia
水収支 water budget
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.