財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
T99040
タイトル
リチウムイオン電池の劣化メカニズムの解明 -電解液の分解反応機構-
[Title]
Degradation Mechanism of Li-ion Cell after Long Cycling----Mechanism of Electrolyte Decomposition Reactions---
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
商用リチウムイオン電池(C/1M-LiPF6+PC+EMC+DMC+DEC/LiCoO2系)を対象に、長期充放電サイクルに伴いセル中に発生したガス量とその組成、および電解液組成変化などの分析結果から、電解液の分解反応機構を検討した。通常作動電圧範囲(4.2-2.5V)では主に溶媒間のエステル交換反応(EMC→DMC+DEC)が起こり、電解液組成濃度が変化するが、セル中に発生したガス量は少ない。過充電および過放電域セルからは多量のガスと異なるガス成分が検出され、電解液の分解は各電圧領域で異なる機構により劣化していることが分かった。
[Abstract]
To clarify the mechanism of electrolyte decomposition reactions in commercial lithium-ion cells (C/1M-LiPF6+PC+EMC+DMC+DEC/LiCoO2 system) after long cycling, we performed an analysis of generated gas and electrolyte composition in the cells. In the nominal voltage range (4.2-2.5V), compositional change due mainly to ester exchange reaction (EMC→DMC+DEC) occurs, and gaseous products in the cell is small. Generated gases volume are detected largely in overcharged and overdischarged cells, and it is suggested that gas generation due to electrolyte decomposition involves different decomposition reactions in overcharged and overdischarged cells.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1999
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

熊井 一馬

狛江研究所リチウム二次電池プロジェクト

宮代 一

狛江研究所リチウム二次電池プロジェクト

小林 陽

狛江研究所リチウム二次電池プロジェクト

竹井 勝仁

狛江研究所リチウム二次電池プロジェクト

岩堀 徹

狛江研究所リチウム二次電池プロジェクト

キーワード [Keywords]
和文 英文
リチウムイオン電池 Lithium Ion Cell
ガス発生機構 Gas Generation Mechanism
電解液分解 Electrolyte Decomposition
界面反応 Electrochemical Reaction
長期サイクル Long Cycling
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.