財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U03034
タイトル
発電所付着生物の殻を用いた水質浄化 -−濾材および吸着材としての特徴−-
[Title]
Water purification with sessile organism shell removed from cooling water system of steam power station
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ムラサキイガイ、カキ、アカフジツボ殻の濾材ならびにリンなどの栄養塩吸着材としての特徴について明らかにし、発電所付着生物の殻の水質浄化資材への適用性について検討した。いずれの殻もアンモニア硝化の濾材として使用でき、pH調整のための炭酸水素ナトリウムの添加を必要としなかった。ムラサキイガイ、カキ、アカフジツボの殻はリン吸着能を有していることが明らかとなった。また、800℃で加熱処理したこれらの殻はリンをよく吸着し、24時間以内に90%以上を吸着した。また、海水中でも淡水と同様のリン吸着能を有していた。ムラサキイガイ殻粉末と粘土を混合焼成したセラミックスもリンをよく吸着した。800℃で加熱処理したムラサキイガイ殻はアンモニアを吸着しないが、リン酸溶液を添加するとアンモニアを吸着した。これらの結果より、発電所付着生物の殻は水質浄化資材として利用可能なことが明らかとなった。
[Abstract]
To utilize unused sessile organism shell removed from cooling water system of steam power station, ammonia oxidation activities and phosphorus adsorption abilities of shell were examined with blue mussel, oyster and acorn barnacle shell. Ammonia oxidation activities were compared across 3 kinds of shell and one net type plastic filter medium in submerged biological filters equipped fresh water recirculating systems respectively. With the progress of ammonia oxidation, pH of recirculating water in the system with plastic filter medium became under 6, and it needed addition of sodium bicarbonate for recover of pH up to about 7. On the other hand, pH of water in the systems with shell as filter media kept from 6.0 to 8.6. Mean ammonia oxidation rates of well-conditioned filters with shell (103.1−137.4 mg/L-filter/day) were 2 times higher that of filter with plastic filter medium(58.7 mg/L-filter/day). Blue mussel shell powder (sieved 0.5 mm mesh) removed above 90% of phosphorus in fresh water within 24 h. Among heat-treated blue mussel shell at 5 different temperature (100−800℃), shell treated at 800℃ removed above 91% of phosphorus in fresh water and removed 96−100% of phosphorus in seawater within 24 h. A maximum phosphorus adsorption rate of blue mussel shell heat-treated at 800℃ was 5 mg/g-shell/day. From these results, it was cleared that sessile organism shell are usable for water purification material.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/02
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

本田 晴朗

我孫子研究所応用生物部

寺添 斉

我孫子研究所応用生物部

キーワード [Keywords]
和文 英文
貝殻 shell
付着生物 sessile organism
水質浄化 water purification
ムラサキイガイ blue mussel
リサイクル recycle
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.