財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U89035
タイトル
高能率魚類生産のための水質浄化技術の開発3.脱窒型から見た有用海洋性脱窒菌株の選抜
[Title]
DEVELOPMENT OF WATER PURIFICATION TECHNOLOGIES FOR INTENSIVE FISH CULTURE 3.SELECTION OF MARINE DENITRIFYING BACTERIA BY DENITRIFICATION PATTERN.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
魚類飼育海水中に蓄積する硝酸の除去に有効な脱窒技術を確立するため,海洋性脱窒細菌の分離を行い,その脱窒型から有用菌株を選抜した。脱窒細菌の分離には集積培養が必要であり,また,集積培養法でも,硝酸集積培養法より亜硝酸集積培養法が,高い確率で脱窒細菌が分離できた。分離脱窒菌株の脱窒型を判別した結果,高能率魚類生産システムに有用であると考えられる脱窒型の菌株16菌株を得た。これらの菌株は,硝酸の脱窒過程で亜硝酸を菌体外へ放出せず,最終産物としてガス状窒素を気相へ放出する。分離脱窒菌株は,その生理的性質から,9菌株がPseudomonas属と,7菌株がAlcaligenes属と分類された。アセチレン阻害法を用いて,16菌株の脱窒速度を亜酸化窒素の生成量として測定した結果,各菌株の脱窒速度は蛋白質1mg当り131〜4330nmolN2O/hrであり,菌株によって脱窒能力が異なること
[Abstract]
USEFUL STRAINS OF MARINE DENITRIFYING BACTERIA WERE SELECTED BY THEIR DENITRIFICATION PATTERN TO ESTABLISH EFFECTIVE DENITRIFICATION OF NITRATE ACCUMULATING IN RECIRCULATING SEA-WATER AQUACULTURE SYSTEMS. DENITRIFYING BACTERIA FROM COASTAL SEDIMENTS OF ATSUMI BAY YOKOSUKA-ODAWA BAY,SENDAI BAY,SENDAI-GAMOU TIDELAND WERE SCREENED. ALSO,FILTER SAND FROM THE RECIRCULATING SEAWATER AQUACULTURE SYSTEM AT THE ABIKO RESEARCH LABORATORY,CRIEPI WAS SCREENED. DENITRIFYING BACTERIA WERE ISOLATED BY THE NITRATE OR NITRITE ADDED-ENRICHMENT CULTURE METHOD. EIGHTY-ONE OF 235 STRAINS ISLOLATED BY THE NITRATE METHOD WERE DENITRIFERS,AND 121 OF 145 STRAINS ISOLATED BY THE NITRITE METHOD WERE DENITRIFERS. SIXTEEN STRAINS THAT DID NOT PRODUCE NITRITE WERE SELECTED BY ESTIMATION OF THE DENITRIFICATION PATTERN. NINE OF THE 16 STRAINS WERE PSEUDOMONAS AND THE REST WERE ALCALIGENES. THE DENITRIFYING RATES OFTHE 16 STRAINS WERE MEASURED USING THE ACETYLENE INHIBITION TECHNIQUE UNDER ANAEROBIC CONDITIONS.THE DENITRIFYING ACTIVITIES RANGED FROM 131 TO 4330 NMOL/HR/MG PROTEIN.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1989
発行年月 [Issued Year / Month]
1989/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

渡部 良朋

我孫子研究所生物部バイオ技術研究室

菊池 弘太郎

我孫子研究所生物部水産技術研究室

植本 弘明

我孫子研究所生物部バイオ技術研究室

武田 重信

我孫子研究所生物部水産技術研究室

清野 通康

我孫子研究所生物部水産技術研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
海水 SEA WATER
水質浄化 WATER PURIFICATION
脱窒 DENITRIFICATION
細菌 BACTERIA
アセチレン阻害法 ACETLYLENE INHIBITION TECHNIQUE
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.