財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U91013
タイトル
ヒラメの高密度飼育技術の開発
[Title]
DEVELOPMENT OF HIGH-DENSITY REARING TECHNOLOGY FOR INTENSIVE PRODUCTION OF JAPANESE FLOUNDER,PARALICHTHYS OLIVACEUS
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
種苗から商品サイズまで,一貫してヒラメを高密度飼育する技術を開発するための検討を行った。水量4.5m3の循環濾過養魚水槽を用いて,ヒラメを体重約30gの種苗から約1年間,一般養殖施設の2〜4倍に当たる密度で飼育した。実験終了時の生残率は約90%であり,ヒラメの体重は400〜500g/尾に達し,水質管理を十分行えば,循環濾過水槽による,養殖を目的とした長期のヒラメ高密度飼育が可能なことが確認された。また,ヒラメの成長にともなう酸素消費量,アンモニア排泄量などの変化について明らかにし,飼育水中に供給する酸素量,アンモニア浄化のために必要な濾材量などを算定するための原単位とした。
[Abstract]
LONG-TERM REARING EXPERIMENTS WERE CARRIED-OUT,TO DEVELOP A CLOSED RECIRCULATING FISH CULTURE SYSTEM FOR INTENSIVE PRODUCTION OF JAPANESE FLOUNDER. SOME PHYSIOLOGICAL-ECOLOGICAL CHANGES OF JAPANESE FLOUNDER WITH GROWTH WERE STUDIED TO DRAW-UP A REARING MANUAL. THE RESULTS ARE SUMMARIZED AS FOLLOWS: 1.FISH REACH A COMMERCIAL SIZE OF 400 500 G(INITIAL: CA. 30 G) AFTER 11 12 MONTHS REARING IN A 4.5 CUBE CM CLOSED RECIRCULATING FISH CULTURE SYSTEM. THE RESULTS CONFIRM THAT REARING AT 2 TO 4 TIMES HIGHER DENSITIES THAN THAT OF CURRENT FLOUNDER CULTURE FARMS IN JAPAN IS POSSIBLE WITH A RECIRCULATING FISH CULTURE SYSTEM WHEN THE WATER QUALITY AND FEEDING ARE HELD AT THE OPTIMUM LEVELS. 2.SHORT- AND LONG-TERM REARING EXPERIMENTS SHOW THAT THE UPPER-LIMIT REARING DENSITY FOR EACH DEVELOPMENTAL STAGE OF THE FLOUNDER IS AS FOLLOWS:JUVENILE, 1200; YOUNG, 200;IMMATURE, 100 FISH/SQUARE M. 3.IN REARING EXPERIMENTS FROM 10DEGREE TO 30 DEGREE,THE MAXIMUM GROWTH RATE OF YOUNG AND IMMATURE FLOUNDERS WAS AT 25 DEGREE. 4.SOME PHYSIOLOGICAL-ECOLOGICAL CHANGES OF JAPANESE FLOUNDER,SUCH THE RATES OF OXYGEN CONSUMPTION,AND AMMONIA-N EXCRETION,WITH GROWTH WERE CLARIFIED AND EXPRESSED AS EQUATIONS RELATED TO BODY WEIGHT. THE RATES WERE USED TO DESIGN CULTUREAND REARING MANAGEMENT SYSTEMS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1991
発行年月 [Issued Year / Month]
1991/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

本田 晴朗

我孫子研究所生物部水産技術研究室

菊池 弘太郎

我孫子研究所生物部水産技術研究室

岩田 仲弘

我孫子研究所生物部水産技術研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
ヒラメ JAPANESE FLOUNDER
発育段階 DEVELOPMENT STAGE
循環濾過養魚 RECIRCULATING FISH CULTURE
飼育管理 REARING MANAGEMENT
生理的変化 PHYSIOLOGICAL CHANGE
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.