財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U91033
タイトル
野菜工場の実用化(2)エダマメの水耕栽培条件
[Title]
DEVELOPMENT OF VEGETABLE FACTORY FOR COMMERICIAL USE (2) HYDROPONIC CULTURE OF GREEN SOYBEAN
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
野菜工場の収益性を高めるために,冬期に価格が高いエダマメを栽培作物として選定して栽培試験を行い,栽培条件についての知見を得た。(1)品種の選別栽培試験に用いた14品種のうち,「狩勝3号」,「しろふさ」,「ふくら」,「白獅子」,「つゆたま」,「サッポロミドリ」の6品種が水耕栽培に適していた。(2)栽培条件栽培に適した栽植密度は,1平方m当たり約30株である。日長時間は,12〜14時間が適切である。培養液の濃度は定植から開花期まで標準の園試処方の1/4濃度に,開花後を1/2濃度に調整するのが適切でった。培養液のPHは,5.5〜6.5が適当であった。(3)増収方策根粒菌を人工接種すると,収量が約9〜17%増加した。水耕方式は,流液式(NFT)が,湛液式に比較して,生育が早く,多収量であった。(4)収量収量は,冬期栽培で約1400〜3200g平方mの範囲であり,平均で約1800g/平
[Abstract]
A VEGATABLE FACTORY,WHERE NATURAL AND ARTIFICIAL SOURCES OF LIGHT ARE USED FOR AIR CONDITIONING IN THE CULTIVATING ROOM,HAS BEEN DEVELOPED BY CRIEPI TO ACHIVE SUCCESSIVE PRODUCTION OF SPINACH AND LETTUCE. IT IS,HOWEVER,NECESSARY TO INCREASE THE PROFIT OF THE VEGETABLE FACTORY FOR COMMERCIAL USE. GREEN SOYBEAN WAS CHOSEN AS ONEOF THE CROPS CULTIVATED IN THE VEGETABLE FACTORY BECAUSE OF ITS HIGHERPRICE IN WINTER THAN THE VEGETABLES MENTIONED ABOVE. THE STUDY WAS CONDUCTED TO ESTABLISH THE CULTIVATION TECHNIQUES FOR GREEN SOYBEAM BY HYDROPONIC CULTURE IN THE VEGETABLE FACTORY. THE RESULTS ARE AS FOLLOWS: (1)THE KARIKACHI NO.3,SHIROFUSA, FUKURA, SHIROJISHI,TUYUTAMA AND SAPPOROMIDORI CULTIVARS ARE SUITABLE FOR CULTIVATION BY HYDROPONIC CULTURE BECAUSE THEY SHOW BETTER GROWTH AND LESS DAMAGE DUE TO MINERAL DEFICIENCY OR EXCESS IN THE HYDROPONIC SOLUTION COMPARED TO OTHER CULTIVARS. (2)THE BEST PLANTING DENSITY IS ABOUT 30 PLANTS/SQUARE M TO RESTRAIN SHOOT OVERGROWTH AND TO RIPEN THE PODS WELL. THE YIELD INCREASES WITH INCREASING DAY LENGTH. THE SHOOTS,HOWEVER,OVERGROW AT A DAY LENGTH OF 16 HOURS.THE LIGHTNING PERIOD,THEREFORE,SHOULD BE LESS THAN 14 HOURS,AND ABOUT 12 HOURS IS BEST. THE CONCENTRATION OF THE NUTRIENT SOLUTION IS VARIABLE BUT SHOULD BE MAINTAINED AT AN ELECTRIC CONDUCTIVITY (EC)VALUE OF 0.6MS/CM FROM THE GROWING STAGE TO CONTROL THE SHOOT GROWTH AND RIPEN PODSWELL. (3)INOCULATING ROOT-NODULE BACTERIA INTO THE ROOTS INCREASED THEYIELD BY 9% TO 17% MORE THAN THE YIELD WITHOUT BACTERIA. (4)THE YIELDSWERE FROM 1400 TO 3200 G/SQUARE M AND THE AVERAGE WAS ABOUT 1800 G/SQUARE M IN WINTER.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1991
発行年月 [Issued Year / Month]
1991/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

庄子 和博

我孫子研究所生物部農業技術研究室

関山 哲雄

我孫子研究所生物部農業技術研究室

吉原 利一

我孫子研究所生物部農業技術研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
野菜工場 VEGETABLE FACTRY
エダマメ GREEN SOYBEAN
水耕栽培 HYDROPONIC CULTURE
根粒菌 ROOT-NODULE BACTERIA
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.