財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U91054
タイトル
植物による炭素固定に関する文献調査−森林樹木・海産植物・微生物の炭素固定量−
[Title]
LITERATURE SURVEY ON ATMOSPHERIC CARBON DIOXIDE REMOVAL BY PLANTS -ESTIMATES OF CARBON DIOXIDE ABSORPTION AND ISOLATION BY FOREST AND MARINE PLANTS-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地球温暖化の防止には大気中の炭酸ガスの削減が必要である。植物は炭酸ガスを吸収・固定する能力が大きいことから,植林などの対策が注目されている。その効果を検討するためには,炭酸ガスの固定速度である純一次生産力や隔離量にあたる現存量を把握する必要がある。このため,本報告では現在までの知見を整理し,世界全体の森林や海産植物の純一次生産力や現存量を把握し,以下のような結果を得た。(1)森林は全世界で現在約40億ha分布し,樹体として約5000億トンの炭素を貯蔵している。また,毎年250−350億トンの炭素を固定している。(2)全世界の海産植物は3−15億トンの炭素を貯蔵しており,毎年100−400億トンの炭素を固定している。(3)これらの数値は,植物が吸収・貯蔵の両面で大気中の炭酸ガスの削減に重要な役割を果たしていると共に,植物量を維持・増加させる植林などの対策が炭酸ガスの削減に有効であることを示
[Abstract]
THIS PAPER REPORTS ESTIMATES OF ATMOSPHERIC CO2 ABSORPTION AND STORAGE BY PLANTS WORLDWIDE. IT IS NECESSARY TO DECREASE ATMOSPHERIC CO2 CONCENTRATIONS TO AVOID GLOBAL WARMING. AS PLANTS ABSORB CO2 BY PHOTOSYNTHESIS AND ACCUMULATE CARBON,THEY CAN PLAY AN IMPORTANT ROLE IN REDUCING ATMOSPHERIC CO2 LEVELS. LITERATURE DESCRIBING THE DISTRIBUTION,BIOMASS AND NET PRIMARY PRODUCTIVITY (NPP) OF FORESTS,MARINE PLANTS AND MICROORGANISMS WERE COLLECTED. BY EXAMINING THESE DATA,THE BIOMASS AND NPP OF FORESTS,MARINE PLANTS AND MICROORGANISMS IS ESTIMATED TO BE AS FOLLOWS: (1)WORLD FOREST BIOMASS AND NPP THE WORLD FOREST AREA IS ESTIMATED AT 4 BILLION HECTARES,AND THEIR BIOMASS IS ABOUT 500 BILLION TONS OF CARBON OR 66% OF TOTAL ATMOSPHERIC CARBON. THE NPP OF WORLD FORESTS IS ESTIMATED AT 25-35 BILLION TONS C/YEAR. (2)MEAN BIOMASS AND NPP OF FOREST COMMUNITIES THE MEAN BIOMASS AND NPP WERE CALCULATED FOR DOZENS OF FOREST COMMUNITIES IN TROPICAL/SUBTROPICAL,WARM-TEMPERATE,COOL-TEMPERATE AND BOREAL ZONES. THE FOREST MEAN BIOMASS RANGED FROM 20 TO 200 TONS C/HA EXCEPT FOR HIGH VALUES FOR SEQUOIA AND TSUGA FOREST. THE FOREST BIOMASS IN WARM-TEMPERATE AREAS IS SMALLER THAN IN OTHER CLIMATIC ZONES. THE MEAN NPP RANGED FROM 3 TO 10 TONS C/HA/YEAR EXCEPT FOR HIGH VALUES OF SEVERAL ARTIFICIAL TROPICAL FORESTS. (3)MARINE PLANT BIOMASS AND NPP THE BIOMASS AND NPP OF WORLD MARINE PLANTS ARE 0.3-1.5 BILLION TONS C AND 10-40 BILLON TONS C/YEAR,RESPECTIVELY. THESE VALUES SUGGEST THAT MARINE PLANTS PLAY AN IMPORTANT ROLE IN CARBON FIXATION, BUT HAVE SMALL STORAGE. (4)MICROORGANISM BIOMASS AND NPP THE WORLD S MICROORGANISMS HAVE A SMALL BIOMASS,BUT SOME SPECIES HAVE A HIGH PHOTOSYNTHETIC ABILITY.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1991
発行年月 [Issued Year / Month]
1992/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

品田 泰

我孫子研究所生物部陸生生物研究室

松村 秀幸

我孫子研究所生物部陸生生物研究室

坂口 勇

我孫子研究所生物部水産技術研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
二酸化炭素 CARBON DIOXIDE
森林 FOREST
海産植物 MARINE PLANT
現存量 BIOMASS
純一次生産力 NET PRIMARY PRODUCTIVITY
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.