財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U92003
タイトル
炭酸ガス削減のための植物利用−植林方策と海産植物・微生物の利用−
[Title]
REDUCTION OF ATMOSPHERIC CARBON DIOXIDE BY PLANTS -FORESTATION AND MARINE PLANTS AND MICROORGANISMS-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
大気中炭酸ガスの低減化を図る観点から,植林や海産植物の増養殖,微細藻類の人工培養について実現性を聞取り調査などから検討した。植林については15−30万円/haのコストで9tC/ha/年程度の大きな生産が得られている例もあるが,自然・社会要因などから失敗した例もある。土地問題や地域社会の受入れが成否をわけている。植林を行うに当たっては熱帯アメリカ・アフリカ・アジアを中心に約2.1億haの植林可能面積が存在し,地域の選定が重要になる。海産植物の増養殖については,コンブ,ホンダワラなどで技術的な見通しがあるが,人工生育基盤の造成などに植林の場合より4オーダ大きなコストがかかる現状にある。クロレラなどの微細藻類の人工培養については,森林の耕地化防止やメタンなどの放出量抑制効果が期待され,コストも海産植物より低い値が試算されているが,実績はまだない。当面は,実現性の高い植林を中心に大気中炭酸ガスの
[Abstract]
THIS PAPER REPORTS THE POSSIBLE REDUCTION OFATOMOSPHERIC CARBON DIOXIDE BY FORESTATION,MARINE PLANTS,AND MICROALGAE. COSTS AND THE CURRENT TECHNICAL SITUATION WERE EXAMINED BY SURVEYINGSPECIALISTS AND THE LITERATURE. THE MAIN RESULTS ARE SUMMARIZED AS FOLLOWS: 1.FORESTATION (1)FORESTABLE LAND AREA THE POSSIBLE TOTAL LAND AREA WORLD WIDE FOR FORESTATION IS ESTIMATED AT ABOUT 210 MILLION HECTARES. IF ALL THIS AREA WAS FORESTED,21 BILLIONS TON OF ATMOSPHERIC CARBON,COULD BE LOCKED-UP. (2)KEY FACTORS TO SUCCESSFUL FORESTATION LAND ACQUISITION AND ACCEPTANCE BY REGIONAL PEOPLE ARE THE MOST IMPORTANT FACTORS FOR SUCCESSFUL FORESTATIONS. (3)COST \150,000 TO \300,000 IS REQUIRED TO FOREST ONE HECTARE OF LAND,AND \2,000 IS REQUIRED TO STORE 1 TON OF ATMOSPHERIC CARBON BY FORESTATION. 2.RAISING MARINE PLANTS IT IS TECHNICALLY POSSIBLE TO RAISE SEA TANGLE,GULFWEED,ETC.,BUT IT IS VERY COSTLY;MORE THAN \300 MILLION IS REEDED FOR 1 HECTARE. 3.MICROORGANISM CULTURE MICROALGAL MASS CULTURE HAS SOME ADVANTAGES SUCH AS NO PLOWING AND LOWER COSTS THAN RAISING MARINE PLANTS,BUT DEVELOPMENT OF A MASS CULTURE SYSTEM IS NEEDED. FORESTATION IS THE MOST PRACTICAL METHOD AT PRESENT TO REDUCE ATMOSPHERIC CARBON.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1992/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

品田 泰

我孫子研究所生物部陸生生物研究室

松村 秀幸

我孫子研究所生物部陸生生物研究室

坂口 勇

我孫子研究所生物部水産技術研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
植林 FORESTATION
コスト COST
地球温暖化 GLOBAL WARMING
炭酸ガス CARBON DIOXIDE
森林 FOREST
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.