財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U92014
タイトル
微生物によるCO2固定2.高濃度CO2条件下で機能するChlorella属微細藻類の検索とその培養特性
[Title]
ALGAL CO2FIXATION 2.ISOLATION AND DETERMINATION OF CULTURE CHARACTERISTICS OF CHLORELLA STRAINS THAT FUNCTION IN CO2-ENRICHED ATMOSPHERES
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
火力発電所排ガス中のCO2を固定して微生物タンパク質を生産するために用いることを目的として,高いCO2条件下でも活発に機能する微細藻類を検索し,その培養特性について検討した。排ガスを模擬した15%CO2濃度のガスを通気した集積培養によって,高CO2濃度条件下でも生長可能な微細藻類6株を自然界から分離した。分離株は6株ともにクロレラ属であった。6分離株のうち4株が,排ガスと同程度である10もしくは15%CO2でも活発に生長し,排ガスを用いた培養に適用できる可能性が示された。残りの2株は成長が若干劣った。分離株のうち最もCO2固定能の高かったHA−1株について,主要な培養因子に関する特性を検討した結果,好適温度や好適pHの範囲が比較的広いことなどの性質を有することが分かった。以上の結果から,排ガス中のCO2固定に適用するのに有望と考えられるクロレラ株を得た。
[Abstract]
CRIEPI HAS BEEN EXAMINING CONVERSION OF CO2IN THERMAL POWER PLANT STACK GASES INTO SINGLE CELL PROTEIN (SCP) AS ONECOUNHERMEASURE TO GLOBAL WARMING. TO DEVELP EFFICIENT TECHNOLOGY TO CONVERT CO2INTO SCP,IT IS VERY IMPORTANT TO INVESTIGATE MICROALGAE THAT FUNCTION EFFECTIVELY IN CO2-ENRICHED ATMOSPHERES. THIS STUDY REPORTS THEISOLATION OF A USEFUL MICROALGAE STRAIN AND THE FEASIBILITY OF AULFIVATING CHLORELLA USING STACK GASES. MICROALGAE WERE COLLCRED FROM NATURALENVIRONMENTS SUCH AS RICE PADDY. ISOLATION WAS CARRIED OUT BY MIXED-GAS(CO2:O2:N2=15:2:83%)FLOW ENRICHMENT. SIX STRAINS OF MICROALGAE WERE ISOLATED AND ALL WERE IDENTIFIED AS CHLORELLA. THE GROWTH RATE OF ISOLATES AT HIGH-CO2CONCENTRATIONS SIMILAR TO STACK GASES WERE MEASURED TO EVALUATE THE POTENTIAL FOR CULTIVATION WITH STACK GASES. THE GROWTH RATES OF FOUR STRAINS AT HIGH-CO2CONCENTRATIONS RANGING FROM 10% TO 15% WERE MORE THAN THESE OF A REFERENCE STRAIN CHLORELLA PYRENOIDOSA NIES-226 GROWING UNDER THE OPTIMUM CO2CONCENTRATION(5%). THE GROWTH RATE OF TWO OTHER STRAINS WERE LOWER. THESE RESULTS SUGGEST THAT THESE FOUR STRAINS ARE APPLICABLE TO CULTIVATION WITH STACK GASES. THE CULTURE CHARACTERISTICS OF CHLORELLA SP.HA-1 STRAIN,WHICH SHOWED THE HIGHEST GROWTH AT 10% CO2,WERE INVESTIGATED WITH RESPECT TO MAJOR CULTURE FACTORS SUCH AS CO2-ENRICHED AIR FLOW RATE,TEMPERATURE AND CULTURE MEDIUM PH. THE BEST GROWTH WAS SHOWN AT FLOW RATES OF 0.25 AND 0.5 LITRE/MIN UTE/LITRE MEDIA,BUT THE DIFFERENCE BETWEEN 0.10 AND 1.0 LITRE MIN/UTE/LITRE MEDIA WERE SMALL. THE OPTIMUM TEMPERATURE WAS AROUND 25 TO 30 DEGREE AND THE OPTIMUM PH FOR MEDIA WAS BETWEEN 4 AND 6. THESE RESULTS INDICATE THAT THE HA-1 STRAIN CANACHIEVE GOOD GROWTH IN A COMPARATIVELY BROAD RANGE OF CULTURE CONDITIONS AND DOES NOT REQUIRE RIGIDLY CONTROLLED CONDITIONS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1992/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

渡部 良朋

我孫子研究所生物部バイオ技術研究室

大村 直也

我孫子研究所生物部バイオ技術研究室

斉木 博

我孫子研究所生物部バイオ技術研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 GLOBAL WARMING
二酸化炭素 CARBON DIOXIDE
炭酸固定 CARBON-DIOXIDE FIXATION
微細藻類 MICROALGAE
クロレラ CHLORELLA
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.