財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U92058
タイトル
微生物によるCO2固定3.クロレラと水素細菌の高密度培養条件の検討ならびにCO2固定産物の栄養価評価
[Title]
MICROBIAL CO2FIXATION. 3.EXAMINATION OF CONDITIONS FOR HIGH CELL DENSITY CULTURE OF CHLORELLA SP. OR HYDROGEN BACTERIA AND EVALUATION OF NUTRITIVE VALUE
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所では,温暖化抑制方策の一つとして,火力発電所由来CO2を微生物によって固定し,微生物タンパク質(SCP)として資源化する方策を検討している。本報告では,当所分離クロレラ株ならびに水素細菌株について,好適な高密度培養条件を明らかにした。さらに,固定産物の栄養価を評価し微生物タンパク質としての利用可能性を検討した。クロレラ培養の好適な細胞密度条件は,0.2〜0.6g乾物藻体/リットル培養液の範囲であることが分かった。最も生長が速い株の場合,生長速度は9.1g−c/日/m2と高い数値を示した。一方,水素細菌株の好適な細胞密度条件は1.8g乾物/リットル培養液程度であり,CO2固定速度は0.41g−c/時/リットル培養液であった。クロレラ藻体と水素細菌菌体は,タンパク質と脂質を多く含み栄養的に優れており,人工消化率も良好な数値を示したことから,SCPとして十分に利用可能であることが示唆された
[Abstract]
CONVERSION OF CO2 IN STACK GASES INTO SINGLE-CELL PROTEIN(SCP)BY MICROALGAE AND HYDROGEN BACTERIA HAS BEEN EXAMINEDBY CRIEPI AS A COUNTERMEASURE TO GLOBAL WARMING. WE MUST DECIDE THE OPTIMUM GROWTH CONDITIONS FOR THESE MICROORGANISMS TO DEVELOP EFFICIENT CO2 CONVERSION TECHNOLOGY. IN ADDITION,THE NUTRITIVE VALUE OF MICROALGALAND HYDROGEN BACTERIA MUST BE ESTIMATED FOR USE AS SCP.THE CULTURE MEDIUM CELL DENSITY IS AN IMPORTANT FACTOR AFFECTING THE CO2 FIXATION RATE. THE BEST CELL DENSITY RANGES FROM 0.2 TO 0.6 G DRY MATTER/1 MEDIUM FOR CHLORELLA SP. HA-1 STRAIN WHICH HAS THE HIGHEST CO2 FIXATION RATE OF CRIEPI ISOLATES. THE GROWTH RATE WAS 20 G DRY MATTER(9.1 G-C)/DAY(12 H LIGHT)/M2. THE PROTEIN CONCENTRATION OF CHLORELLA SP. HA-1 STRAIN WAS 57%,AND THE AMINO-ACID BALANCE WAS BETTER THAN THAT OF FIELD CROPS. THE ARTIFICIAL DIGESTIBILITY OF THE HA-1 STRAIN WAS 85% WHICH IS HIGH FOR CHLORELLA.THE OPTIMUM CULTURE CONDITIONS FOR THE HYDROGEN BACTERIA 3H-1 STRAIN WERE: PH;3 4,TEMPERATURE;65DEGREE,O2 CONCENTRATION;5%,CO2CONCENTRATION;5% 50%. THE BEST CELL DENSITY WAS 1.8 G DRY MATTER/1 MEDIUM,AND THE GROWTH RATE WAS 0.8 G DRY MATTER(0.41 G-C)/H/1 MEDIUM UNDER OPTIMUMCONDITIONS. THE GROWTH RATE OF 3H-1 WAS COMPARABLE TO THE HIGHEST VALUE REPORTED FOR HYDROGEN BACTERIA. THE PROTEIN CONCENTRATION OF 3H-1 STRAIN WAS 81%,AND THE AMINO-ACID BALANCE WAS BETTER THAN THAT OF FIELD CROPS. THE ARTIFICIAL DIGESTIBILITY OF 3H-1 STRAIN WAS 98%.THESE RESULTS INDICATE THE HIGH NUTRITIVE VALUE OF CRIEPI STRAINS OF CO2-FIXING CHLORELLA SP AND HYDROGEN BACTERIA.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1992
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

渡部 良朋

我孫子研究所生物部バイオ技術研究室

嶋 盛吾

我孫子研究所生物部バイオ技術研究室

斉木 博

我孫子研究所生物部バイオ技術研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 GLOBAL WARMING
二酸化炭素 CARBON DIOXIDE
クロレラ CHLORELLA
水素細菌 HYDROGEN BACTERIA
微生物タンパク質 SINGLE-CELL PROTEIN
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.