財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U93023
タイトル
高能率魚類生産のための水質浄化技術の開発9.海洋性脱窒菌の大量培養ならびに固定化した脱窒菌の脱窒能力
[Title]
DEVELOPMENT OF WATER PURIFICATION TECHNOLOGIES FOR INTENSIVE FISH CULTURE 9.HIGH CELL DENSITY MASS CULTIVATION OF MARLNE DENITRIFYING BACTERIA AND EFFICIENT DENITRIFYING SYSTEM USING IMMOBILIZED BACTE
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
有用海洋性脱窒菌の大量培養法を明らかにするとともに,固定化脱窒菌の脱窒システムへの適用可能性の検討を行った。当所分離の有用海洋性脱窒菌3株の生育に最適な条件は,pH;6〜8,温度;35度C付近,培地塩分濃度;8.5〜34であることが分った。20リットル容ジャーファーメンターを用いて,最適生育条件を維持しつつ培養を行ったところ,最も生育の早かったAlcaligenes属Ab−A−1株の菌体生産効率は,54mg乾物/リットル培養液/時間となり,最終到達密度も,フラスコ条件に比較して6倍高くなった。固定化脱窒菌を適用した嫌気的流動床による脱窒は,生物膜法に比較して,その能力が3倍程度になることが明らかとなった。その場合は,生物膜法の適用条件に比較して,基質濃度を2倍以上に高め,かつ処理海水の反応槽での滞留時間を24時間と2倍に早めることが必要であった。
[Abstract]
MASS CULTIVATION OF USEFUL MARINE DENITRIFYING BACTERIA WAS EXAMINED TO DEVELOP EFFECTIVE WATER PURIFICATION TECHNOLOGY FOR SEA WATER RECIRCULATING INTENSIVE FISH CULTURE.ALSO,THE POSSIBILITY OF IMPROVING THE DENITRIFYING SYSTEM USING IMMOBILIZED BACTERIA WAS STUDIED. THREE STRAINS OF CRIEPI S MARINE DENITRIFYING BACTERIA WERESELECTED FOR THE DENITRIFYING SYSTEM.THE OPTIMUM CULTURE CONDITIONS FOR THESE STRAINS ARE AS FOLLOWS: PH: 6 8;SEA WATER CONCENTRATION:25% 100%;TEMPERATURE 35DEGREE C.THE GROWTH CHARACTERISTICS OF THE STRAINS WEREEXAMINED UNDER OPTIMUM GROWTH CONDITIONS IN 20-LITER JAR FERMENTERS.ALCALIGENES SP.AB-A-1 STRAIN SHOWED THE MAXIMUM GROWTH RATE AMONG THE THREE STRAINS AND THE CELL PRODUCTION RATE WAS 54 MG DRY WEIGHT PER LITER PER HOUR.THE MAXIMUM OPTICAL DENSITY OF THIS STRAIN S CULTURE BROTH AT 610 NM REACHED 6 AND THIS VALUE WAS SIX TIMES HIGHER THAN THAT OF THE FLASK CULTURE CONDITION. THE DENITRIFYING ACTIVITY OF A FLUIDIZED-BED SYSTEM USING IMMOBILIZED MARINE DENITRIFYING BACTERIA WAS EVALUATED.THE DENITRIFYING ACTIVITY WAS ABOUT THREE TIMES BETTER THAN THAT OF THE BIOFILM FIXED-BED SYSTEM. THESE ACTIVITIES WERE OBTAINED UNDER FOLLOWING CONDITIONS: SUBSTANCE CONCENTRATION:TWO TIMES HIGHER THAN OPTIMUM CONCENTRATION OF BIOFILM FIXED-BED SYSTEM;HYDRAULIC RETENTION TIME:24 H(TWO TIMES FASTER THAN OPTIMUM VALUE OF BIOFILIM FIXED-BED SYSTEM).THESE RESULTS INDICATE THE POSSIBILITY OF IMPROVING THE DENITRIFYING SYSTEM.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1993/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

渡部 良朋

我孫子研究所バイオテクノロジー特別研究室

菊池 弘太郎

我孫子研究所生物部水生生物グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
循環濾過養魚 RECIRCULATING FISH CULTURE
海水 SEAWATER
脱窒 DENITRIFICATION
固定化細菌 IMMOBILIZED BACTERIA
大量培養 MASS CULTIVATION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.