財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U93048
タイトル
高能率魚類生産のための水質浄化技術の開発10。ヒラメ飼育への固定化微生物の適用
[Title]
DEVELOPMENT OF WATER PURIFICATION TECHNOLOGIES FOR INTENSIVE FISH CULTURE. 10. REARING OF JAPANESE FLOUNDER IN CLOSED SEAWATER RECIRCULATION SYSTEM WITH IMMOBILIZED BACTERIA
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
濾材として固定化硝化菌を用いた総水量2.5m3の循環濾過システムにより、ヒラメの飼育を行った。180日間の飼育期間中、飼育水中のアンモニアおよび亜硝酸は、蓄積することなく硝酸まで酸化され、硝酸濃度もヒラメの成長に影響を与えない濃度に維持された。また、固定化硝化菌、脱窒菌の活性は飼育水中の有機物などの影響を受けることなく安定であり、実験終了時においても固定化担体の溶解および崩壊は認められなかった。これらの結果から、固定化硝酸菌、および固定化脱窒菌を組み合わせて用いることにより、飼育水中のアンモニア、亜硝酸および硝酸濃度をコントロールすることが可能であり、長期間、安定してヒラメを飼育できることが分かった。
[Abstract]
A CLOSED SEAWATER RECIRCULATION SYSTEM WITH A TOTAL WATER VOLUME OF 2.5 CUBE M WAS OPERATED TO REAR JAPANESE FLOUNDER PARALICHTHYS OLIVACEUS FOR 180 DAYS. THE SYSTEM HAD ANITRIFICATION UNIT CONTAINING 5 LITERS OF BEADS WITH IMMOBILIZED MARINE NITRIFYING BACTERIA AND A DENITRIFICATION UNIT CONTAINING 2 LITERS OF BEADS WITH IMMOBILIZED MARINE DENITRIFYING BACTERIA FOR FILTRATION OF REARING WATER. THE DENITRIFICATION UNIT WAS OPERATED AFTER 100 DAYS OF CULTIVATION. THERESULTS ARE AS FOLLOWS: (1)THE TOTAL WEIGHT OF FISH IN THE SYSTEM IN CREASED TO 50 KG(INITIAL:34KG AFTER 180 DAYS. AMMONIA AND NITRITE CONCENTRATIONS IN THE REARING WATER STAYED BELOW 2 MG-N/I, AND THE NITRATE CONCENTRATION WAS CONSTANT AT 400 MG-N/I. (2)THE NITRIFICATION AND DENITRIFICATION ACTIVITIES OF THE BEADS WORTH IMMOBILIZED BACTERIA WERE STABLE FOR 180 DAYS, AND WERE NOT AFFECTED BY ORGANIC MATTER IN THE REARING WATER. THE BEADS WERE NOT DAMAGED BY AERATION OR MECHANICAL STIRRING. (3)THE SURFACE OF THE BEADS WITH IMMOBILIZED NITRIFYING BACTERIA HAD HIGH ACTIVITY, AND THE INSIDE OF THE BEADS WITH IMMOBILIZED DENITRIFYING BACTERIA HAD HIGH ACTIVITY. THESE RESULTS DEMONSTRATE THAT A FILTRATION SYSTEM WITH IMMOBILIZED BACTERIA CAN BE USED TO REAR JAPANESE FLOUNDER WITHOUT CHANGING THE REARING WATER.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1993
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

植本 弘明

我孫子研究所バイオテクノロジー特別研究室

渡部 良朋

我孫子研究所バイオテクノロジー特別研究室

菊池 弘太郎

我孫子研究所生物部水生生物グループ

キーワード [Keywords]
和文 英文
循環濾過養魚 RECIRCULATION FISH CULTURE
硝化 NITRIFICATION
脱窒 DENITRIFICATION
固定化細菌 IMMOBILIZED BACTERIA
ヒラメ JAPANESE FLOUNDER
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.