財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U94018
タイトル
ヒラメ用循環濾過養魚システムの設計と運用
[Title]
DESIGN AND OPERATION OF SEAWATER RECIRCULATION FISH CULTURE SYSTEM FOR JAPANESE FLOUNDER
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
小型システム(水量2立法m)で得られた実験結果に基づき,直径6mの飼育水槽などからなる総水量約20立法mのパイロットシステムを設計・設置し,循環濾過式ヒラメ養殖の実証試験を実施した。その結果,(1)約10カ月の飼育期間で,体重5gの種苗から500gの商品サイズにヒラメを養成できた。(2)実験期間中の飼育水のアンモニアと亜硝酸濃度を設計どおり,ほぼ1mg−N/1以下に維持することができた。また,脱窒槽の運転により硝酸の除去ができた。(3)ヒラメ1kgの生産に用いた海水は約50リットルとなった。これらにより,循環濾過式ヒラメ養殖が技術的に可能なことが確認された。(4)ヒラメ1kgの生産に必要な種苗,飼料,電気のコストは1000〜1100円と試算された。(5)システムの設計とヒラメ飼育に関するマニュアルを作成した。
[Abstract]
TO DEVELOP SEAWATER RECIRCULATION FISH CULTURE SYSTEMS FOR INTENSIVE PRODUCTION OF JAPANESE FLOUNDER PARALICHTHYS OLIVACEUS,A LONG-TERM REARING EXPERIMENT WAS CARRIED OUT USING A PILOT FISH CULTURE SYSTEM OF 20 CUBE M WATER VOLUME DESIGNED AND CONSTRUCTED BASED ON THE RESULTS OF REARING EXPERIMENTS WITH SMALL SYSTEMS OF 2 CUBEM VOLUME. THE RESULTS ARE AS FOLLOWS: 1.AFTER 301 DAYS OF REARING,THE FISH HAD REACHED THE MINIMUM COMMERCIAL WEIGHT OF 500 G FROM THE SEED WEIGHT OF 5 G. 2.THE SYSTEM NITRIFICATION UNIT OPERATED SATISFACTORILY,AND AMMONIA AND NITRITE CONCENTRATIONS IN THE REARING WATER WERE MAINTAINED AT LESS THAN 1 MG-N/LITRE THROUGH MOST OF THE EXPERIMENTAL PERIOD. THE DENITRIFICATION UNIT ALSO OPERATED SATISFACTORILY AND THE NITRATE CONCENTRATION DECREASED AFTER THE UNIT STARTED OPERATION.3.THE PRODUCTION OF FLOUNDER PER UNIT VOLUME OF SEAWATER WAS APPROX. 20 KG/CUBE M INDICATING THAT 1 KG OF FLOUNDER WAS PRODUCED IN ONLY CA. 50 LITRE OF SEAWATER. 4.THE COST OF ELECTRICITY,SEED FISH AND FEED FOR PRODUCING 1 KG OFFLOUNDER WAS ESTIMATED TO BE APPROX. 1000 TO 1100 JAPANESE YEN FOR A LARGE-SCALE SEAWATER RECIRCULATION FISH CULTURE SYSTEM. 5.A MANUAL WAS DRAWN UP CONCERNING THE DESIGN OF CLOSED SYSTEMS AND REARING MANAGEMENT OF THE FLOUNDER BASED ON THE RESULTS OF THE DEVELOPMENT PROGRAM SINCE 1986.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1994
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

本田 晴朗

我孫子研究所生物部水生生物グループ

菊池 弘太郎

我孫子研究所生物部水生生物グループ

渡部 良朋

我孫子研究所バイオテクノロジー特別研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
養殖 AQUACULTURE
集約的養魚 INTENSIVE FISH CULTURE
循環濾過養魚システム SEAWATER RECIRCULATION SYSTEM
パイロットシステム PILOT SYSTEM
ヒラメ JAPANESE FLOUNDER
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.