財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U94031
タイトル
マイクロ波高度計GEOSATによる海面トポグラフィーの解析黒潮および黒潮続流域の地衡流分布
[Title]
ANALYSIS OF SEA SURFACE DYNAMIC TOPOGRAPHY USING GEOSAT ALTIMETRY DATA:GEOSTROPHIC CURRENTS IN REGION OF KUROSHIO AND KUROSHIO EXTENSION
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
マイクロ波高度計は,海面の凸凹を観察する衛星で,海洋循環現象解明への適用が図られている。しかし,現状では精度の良いジオイドデータ(重力データ)がないため,高度計の観測結果から直接流れに起因する海面力学高度成分を求めることはできない。本研究では,黒潮(続流)の力学特性を考慮することにより,マイクロ波高度計GEOSATのデータから,ジオイドデータを用いずに同海域の海面力学高度を求める新たな手法を提案した。得られた衛星軌道上の海面力学高度から求めた地衡流速は,従来の観測結果と良い対応を示した。軌道上の海面力学高度から15’×15’の格子データを作成し,海面トポグラィーおよび地衡流分布を求めた。得られた結果を同時期の海洋観測結果と比較し,135度E〜140度Eの黒潮流域,および142度E〜180度Eの黒潮続流域にかけて本手法を適用できる見通しを得た。
[Abstract]
AN IMPORTANT FACTOR IN PREDICTING CLIMATE CHANGE IS UNDERSTANDING OCEAN CIRCULATION. SATELLITE REMOTE SENSING DATA HAVE BEEN APPLIED TO OCEAN CIRCULATION OBSERVATION. A SATELLITE ALTIMETER DETECTS THE GLOBAL SEA SURFACE DYNAMIC TOPOGRAPHY(SSDT),WHICH IS THESUM OF GEOID HEIGHT AND SEA SURFACE DYNAMIC HEIGHT. IF SEA SURFACE DYNAMIC HEIGHTS ARE KNOWN,GEOSTROPHIC CURRENT VELOCITIES CAN BE ESTIMATED.HOWEVER,ACCURATE SEA SURFACE DYNAMIC HEIGHTS HAVE NOT BEEN DERIVED YET,BECAUSE OF AN RMS ERROR OF ABOUT 10 CM IN GEOID DATA ACCURACY. THIS PAPER PROPOSES A NEW METHOD OF DERIVING THE SSDT FROM GEOSAT ALTIMETRY DATA WITHOUT USING GEOID DATA IN THE REGION OF THE KUROSHIO AND KUROSHIO EXTENSION. IT EVALUATES THE APPLICABILITY OF THE METHOD BY COMPARISON WITH SIMULTANEOUS IN-SITU DATA. THE GEOSTROPHIC CURRENT VELOCITIES ESTIMATED FROM THE GEOSAT DATA IN THE KUROSHIO REGION ARE CONSISTENT WITH PAST OBSERVATION DATA. A 15 15 GRID MAP SERIES OF SSDT DATA WAS CALCULATED FOR EVERY GEOSAT CYCLE TO ESTIMATE GEOSTROPHIC CURRENT VELOCITIES FROM 120DEGREEE TO 180DEGREEE AND FROM 25DEGREEN TO 45DEGREEN. COMPARISONOF THE CALCULATED GEOSTROPHIC CURRENT PATTERNS WITH SIMULTANEOUS IN-SITU TEMPERATURE DATE AT 200 M SHOWED THE METHOD TO BE APPLICABLE FROM 135DEGREEE TO 140DEGREEE AND 142DEGREEE TO 180DEGREEE WHERE THE AXES OF THE KUROSHIO AND KUROSHIO EXTENSION VARY BEYOND THEIR WIDTH.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1994
発行年月 [Issued Year / Month]
1994/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

坂井 伸一

我孫子研究所環境科学部海洋科学グループ

水鳥 雅文

我孫子研究所環境科学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
マイクロ波高度計GEOSAT GEOSAT ALTIMETER
海面力学高度 SEA SURFACE DYNAMIC HEIGHT
地衡流 GEOSTROPHIC CURRENT
黒潮 THE KUROSHIO
黒潮続流 THE KUROSHIO EXTENSION
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.