財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U95040
タイトル
微生物によるCO2固定5.螺旋状チューブラーリアクターの提案とその生産性
[Title]
MICROBIAL CO2 FIXATION 5.PHOTOSYNTHETIC PRODUCTION OF CHLORELLA SP. BIOMASS IN CONE-SHAPED HELICAL TUBLAR BIOREACTOR
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
新しいデザインの光バイオリアクターとして螺旋状チューブラーリアクターを提案し,クロレラHA−1株の光合成生産性について検討した。実験室規模の光バイオリアクターは設置面積0.255平方mで円錐型をしており(高さ0.48m×上部直径0.57m),受光部分は透明な塩化ビニルチューブを針金でできた円錐型骨組みに螺旋状に巻き付けて作成した(内径16mm,チューブ壁2mm,長さ27m)。受光部分には,1日当たり(12時間明条件/12時間暗条件),2127KJの光エネルギー(光合成有効照射量基準)を照射した。光バイオリアクターの運転はエアーリフト方式で,高濃度CO2ガス(10%)を毎分0.3L通気した。その結果,一日の最大光合成効率は5.67%(PAR)で,最大増殖量は21.5g乾物/設置面積平方m/日に相当し,本装置は高い生産性を示した。一酸化窒素の除去率も85%と良好であり,LNG燃焼排ガスに適用できると考えられた。
[Abstract]
TO MITIGATE GLOBAL WARMING,MICROALGAL BIOMASS PRODUCTION WAS IN NVESTIGATED USING CO2 ENRICHED GAS WITH NO,TO UTILIZE STACK GAS FROM A THERMAL POWER PLANTS. THE PHOTOSYNTHETIC PRODUCTIVITY OF CHLORELLA SP STRAIN HA-1 WAS INVESIGATED IN A CONE-SHAPED HELICALTUBULAR BIOREACTOR. THE LABORATORY-SCALE HELICAL TUBULAR BIOREACTOR MADE FROM TRANSPARENT POLYVINYLCHLORIDE (PVC) TUBING (16-MM INTERNAL DIMETER WITH 2-MM WALL THICKNESS AND 27-M LENGTH) WAS SET UP ON A 0.255-SQUARE M BASAL AREA (0.48-M HIGH 0.57-M TOP DIAMETER). THE PHOTOSTAGE WAS CONPOSED OF TRANSPARENT SPIRALLY-WOUND PVC TUBING. THE INSIDE OF THE PHOTOSTAGE (0.50SQUARE M) WAS ILLUMINATED WITH A METAL HALIDE LAMP. THEENERGY INPUT TO THE PHOTOSTAGE PHOTOSYNTHETICALLY-ACTIVE RADIATION (PAR,400-700NM) WAS 2127 KJ DAY-1 (12-H DAY/12-H NIGHT). AN AIR-LIFT SYSTEM INCORPORATING 10% CO2 AT A FLOW RATE OF 0.3 LITER MIN-1 WAS USED. THE MAXIMUM DAILY PHOTOSYNTHETIC EFFICIENCY WAS 5.67% (PAR). THE MAXIMUMINCREASE OF CHLORELLA BIOMASS WAS 21.5G DRY BIOMASS M-2 (BASAL AREA) DAY-1 OR 0.68 G DRY BIOMASS LITER MEDIUM-1 DAY-1. PHOTOSYNTHESIS OF CHLORELLA IN THE CONE-SHAPED HELICAL TUBULAR BIOREACTOR ACHIEVED HIGH PRODUCTIVITY. ALSO,THE REMOVAL RATE OF NITROGEN MONOXIDE (NO) FROM THE INPUTGASES WAS 85%,INDICATING EFFICIENT REMOVAL. THE RESULTS INDICATE THE POSSIBILITY OF EFFICIENT CHLORELLA BIOMASS PRODUCTION USING STACK GASES FROM LNG THERMAL POWER PLANTS.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1995
発行年月 [Issued Year / Month]
1996/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

渡部 良朋

我孫子研究所バイオテクノロジー特別研究室

斉木 博

我孫子研究所バイオテクノロジー特別研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 GLOBAL WARMING
二酸化炭素 CARBON DIOXIDE
クロレラ CHLORELLA
CO2固定 CO2 FIXATION
バイオリアクター BIOREACTOR
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.