財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U97034
タイトル
大気・海洋結合モデル(NCAR・CSM)による全球温暖化予測
[Title]
GLOBAL WARMING PROJECTION FOR 125 YEARS USING NCAR CSM COUPLED MODEL
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
NCAR共同研究の一環として,最新の大気・海洋結合モデルにより温暖化予測を実施した。CO2濃度は,IPCCシナリオ92a(年率0.7%)にごく近い年率1%で増加させ,約3倍強のCO2濃度に達する115年間の漸増計算を行った。主な結果は次の通りである。1)全球地表面温度は2×CO2時に約1.5度,3×CO2時に約2.3度上昇し,高緯度地域ほど昇温が顕著である。フラックス調整なしの温暖化予測は世界初の成果である。2)全球年間降水量は,2×CO2時で約25mm,3×CO2時で約43mm増加する。3)海流の流量は,メキシコ湾流の減少を除き,変化は少ない。しかし,中深層の流れは全球的に弱くなる傾向にある。4)南北両半球の海氷が減少し,3×CO2時では体積は現状の約50%にまで減少する。高緯度地域の著しく不均一な気温上昇は,海氷が融解するためと推察される。今後,この結果をもとに台風や東アジアの温暖化を高分解能で予測する。
[Abstract]
RECENTLY, NCAR (NATIONAL CENTER FOR ATMOSPHERIC RESEARCH) HAS DEVELOPED CSM, A NEW COUPLED CLIMATE MODEL. THIS IS THE FIRST CLIMATE MODEL THAT CAN SIMULATE THE PRESENT CLIMATE WITHOUT FLUX CORRECTION. THROUGH COLLABORATION BETWEEN CRIEPI AND NCAR, A SIMULATION FOR THE 125-YEAR CSM RUN WAS PERFORMED IN JAPAN. IN THIS SIMULATION, CO2 LEVELS WERE SET TO INCREASE AT 1% YEAR CONSIDERING THE IPCC EMISSION SCENARIO 92A (0.7%/YEAR). AT THIS RATE, THE CO2 CONCENTRATION IS DOUBLE THE PRESENT LEVEL AFTER 70 YEARS AND IS TRIPLE THE PRESENT LEVEL AFTER ABOUT 110 YEARS. THE SIMULATION WAS PERFORMED ON A 32-PROCESSOR SX-4 SUPERCOMPUTER AT THE NEC FACTORY IN FUCHU, WITH ASSISTANCE FROM THE NEC US SUBSIDIARY, HNSX SUPERCOMPUTERS. EACH YEAR OF MODEL TIME TOOK ABOUT 90 MINUTES TO RUN ON THE SX-4. A NEW SONY HIGH-DENSITY TAPE DRIVE (DTF) WAS USED TO RECORD THE ENTIRE DATA SET OF ABOUT 170 GB. THE PRELIMINARY RESULTS OF THE 125-YEAR SIMULATION ARE AS FOLLOWS: (1)THE GLOBAL MEAN SURFACE TEMPERATURE INCREASES BY 1.5DEGREE AT 2 CO2 AND BY 2.3DEGREE AT 3 CO2. WARMING DOES NOT TAKE PLACE UNIFORMLY AND IS MORE INTENSE AT HIGHER LATITUDES THAN AT LOWER LATITUDES. FOR EXAMPLE, THE SURFACE TEMPERATURE NEAR THE KAMCHATKA PENINSULA INCREASES BY ABOUT 4DEGREE AT 2CO2. (2)THE GLOBAL MEAN PRECIPITATION INCREASES BY 2.3% AT 2 CO2 AND BY 3.8% AT 3 CO2. A RELATIVELY HIGH INCREASE IN PRECIPITATION OCCURS IN THE ASIA MONSOON REGION.(3)THERE IS LITTLE CHANGE IN OCEAN CURRENT VOLUMES, EXCEPT FOR A DECREASE IN THE GULF STREAM. BUT MID- AND DEEP-OCEAN CURRENTS BECOME WEAKER. (4)SEA ICE IN BOTH THE NORTHERN AND SOUTHERN HEMISPHERS DECREASES TO 80% AND 50% OF THE PRESENT VOLUME AT 2 CO2 AND 3 CO2, RESPECTIVELY. THE NON-UNIFORMITY OF WARMING MAY BE CAUSED BY MELTING OF SEA ICE. CRIEPI WILL ANALYZE THESE DATA IN MORE DETAIL AND USE THEM WITH A REGIONAL CLIMATE MODEL TO STUDY THE CLIMATOLOGY OF TROPICAL CYCLONES AND SYNOPTIC-SCALE DISTURBANCES OVER EAST ASIA.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1997
発行年月 [Issued Year / Month]
1997/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

丸山 康樹

我孫子研究所環境科学部

平口 博丸

我孫子研究所環境科学部

筒井 純一

我孫子研究所生物科学部

仲敷 憲和

我孫子研究所環境科学部

門倉 真二

狛江研究所大気科学部

角湯 正剛

我孫子研究所環境科学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化予測 GLOBAL WARMING PROJECTION
大気・海洋結合モデル ATMOSPHERE OCEAN COUPLED MODEL
フラックス調整無し NO FLUX CORRECTION
海氷 SEA ICE
IPCC排出シナリオ92.a IPCC EMISSION SCENARIO 92.A
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.