財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
U98063
タイトル
VHFレーダによる伊勢湾湾奥の表層流速観測
[Title]
Surface Current Observation in the Head of Ise Bay with Two VHF Radars
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
伊勢湾湾奥において1997年秋季約1ヶ月にわたり、2台のVHFレーダを用いた表層流動観測を実施した。得られた観測データを、2定点(西側、東側海域)各2層(水深1m、2m)の流速計による同期観測データと比較し、VHFレーダの測定精度についての検討を行った。その結果、VHFレーダは水深1mの流速計と相関が良く、相関係数0.7〜0.9、標準誤差5〜10cm/sとなった。また、VHFレーダにより求めた広域沿岸流動分布の連続観測結果から、本海域の流動パターンとして南流が卓越するパターンと、時計回りに循環するパターンの2つの代表的なパターンに分けられることが分かった。前者は5m/s以上の強い北〜北西風が卓越する時期に出現し、後者は5m/s以下の弱風時に出現することが確認された。VHFレーダによって沿岸流動の連続観測が可能になり、沿岸物質循環に大きな役割を果たす残差流などの現象解明が進むことが期待される。
[Abstract]
Surface currents were measured with two VHF radars in the head of Ise Bay during the autumn in 1997. The applicability of VHF radar to current observation was evaluated in comparison with the simultaneous observation data by currentmeters at two stationary points where two currentmeters were settled at 1m and 2m below the surface respectively. The horizontal velocities derived from the radars were consistent well with those of the currentmeters at 1m depth, the correlation coefficient 0.7 to 0.9 and the standard error 5 to 10cm/s. The result of the sequential observation by VHF radar indicates two surface current patterns are dominant in this sea area as follows : One is that the surface currents flow sequentially southward in entire area and another is that the surface currents flow with changing the direction clockwise in a day. The former pattern tends to appear with the north-west to north winds over 5m/s and the latter with the weak wind under 5m/s. The sequential surface current patterns derived by the radars greatly contribute to the study of the coastal current phenomena such as residual currents.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
1998
発行年月 [Issued Year / Month]
1999/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

坂井 伸一

我孫子研究所環境科学部

水鳥 雅文

我孫子研究所環境科学部

杉山 陽一

中部電力株式会社 電力技術研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
VHFレーダ VHF Radar
観測精度 Measurement Accuracy
伊勢湾湾奥 Ise Bay Head
表層流速分布 Surface Current Pattern
残差流 Residual Current
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.