財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V05006
タイトル
魚介類中の水銀に関する文献調査
[Title]
Review of mercury concentration and its charactaristics in fish and shellfish
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
魚介類における水銀蓄積の実態調査を行なう際の基礎資料とするため、1970年以降に公表された約130編の報告を調査し、日本での魚介類の水銀濃度の実態と特徴や、日本人が魚介類から摂取する水銀量に関する知見を整理した。魚類、無脊椎動物、クジラ類の総水銀濃度の平均値は各々、0.14、0.06、7.32ppmであった。カジキ・マグロ類、深海性魚類、ハクジラ類などで平均値が暫定的規制値の0.4ppmを超えた。魚介類の水銀濃度は、栄養段階の上位にある肉食性の強い種類ほど高く、同一種では大型の個体ほど上昇する傾向があった。人間活動の影響が強い海域で漁獲された個体で水銀濃度がやや上昇する例がみられた。火力発電所の魚類への影響については研究例が少なく、一定の見解は得られていない。日本人が魚介類から摂取する水銀量は8.6μg/人/日と推定された。種類別ではマグロ類が最も多く、全体の約4割を占めた。
[Abstract]
State-of-the-art information on mercury (Hg) accumulation in fish and shellfish were investigated and oral intake of Hg through fishery products was estimated for Japanese, as one of the researches to elucidate the health risk of Hg produced from coal power plants in Japan.Major findings obtained from 130 papers issued after 1970 are as follows: 1. Average Hg concentrations of the edible parts of fish, invertebrates and whales were 0.14, 0.06 and 7.32ppm each on the fresh weight bases. 2. There were 12 fish species including swordfish, tunas, and deep-sea fish that exceeded 0.4ppm, a provisional allowed level in Japan, among 200 fish species examined. 3. Average Hg concentration of tooth whale showed much higher value of 11.35ppm than that of baleen whale of 0.07ppm.4. Mercury concentration of aquatic animals tended to increase according to the hierarchy in the food web, and to increase with the size in the same species.5. Habitat is considered to be one of the factors that affect Hg concentration in fish, and Hg of fish caught near industrial area was slightly higher than that of the other areas.6. Several papers in the USA and European countries showed that Hg concentration of fish was increased by flooding in reservoirs, however, the concentration is considered to decrease to original level during 20 to 30 years after flooding. 7. There is limited information on the effect of coal power plants on the Hg concentration of fish and shellfish with a large variety.8. Oral intake of Hg by Japanese through fish and shellfish is estimated to be 8.6ochg/individual (50kg in body weight)/day based on the data obtained in this study. Tuna species occupied the largest part with 40% of contributions.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/02
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

岩田 仲弘

環境科学研究所生物環境領域

菊池 弘太郎

環境科学研究所環境ソリューションセンター

キーワード [Keywords]
和文 英文
水銀 Mercury
魚介類 Fish and shellfish
濃度 Concentration
蓄積 Accumulation
文献調査 Literature survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.