財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V05015
タイトル
貯水池底泥堆積物の嫌気化に関する実験的検討
[Title]
Experimental study on anaerobic condition in reservoir sediments
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ダム貯水池堆積物の質的な変化は、湖沼水や下流河川水質に及ぼす影響が懸念されるため、物理的な視点に加えて、化学的な視点からの検討が必要である。本研究ではダム貯水池で採取した堆積物と湖水を用いて、実験室内で温度、直上水溶存酸素の条件を設定し、水質・底質変化の長期間の追跡実験を行った。その結果、直上水が好気条件下では硝酸還元の過程が進行すること、直上水が嫌気条件下では鉄還元の過程が進行していることが認められた。また湖底の無酸素状態が2ヶ月間続くと鉄還元が一気に進行することがわかった。水田や自然湖沼・海域についての従来の研究では、堆積物の嫌気化は、酸素呼吸、硝酸還元、鉄還元、発酵、硫酸還元、メタン生成の順に進行することが定性的に知られている。本室内実験により、貯水池底泥堆積物の嫌気化の過程を特徴化する実験システムを構築することができ、人為的な栄養塩の負荷の影響が少ない貯水池の堆積物においても、水田等の嫌気化と同様な順に変化を呈することが示された。
[Abstract]
Sediment quality changes in reservoir influence lower reaches river water quality. Therefore, in this study experimental study of water and sediment quality changes was done for 251〜450 days using water and sediment in three reservoirs. On the condition that the oxygen in water was saturated, organic materials in the sediments were decrease. These results show that the organic matters in the sediments were dissolved and removed in the porewater. Nitrate nitrogen in the porewater and total iron in the upper water were decrease. On the condition that the oxygen in water was insaturated, inorganic phosphorus and total iron were decrease and total iron in the water was increase. Therefore, on the condition that the oxygen in water was saturated, the reduction by nitrogen proceeds, and on the condition that the oxygen in water was insaturated, the concentration of iron in the upper water was high value and the reduction by iron proceeds in the term of two months. Characteristic of anaerobic reservoir sediment condition change was similar to paddy field and lake.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

松梨 史郎

環境科学研究所環境ソリューションセンター

今村 正裕

環境科学研究所化学環境領域

井野場 誠治

環境科学研究所環境ソリューションセンター

キーワード [Keywords]
和文 英文
貯水池 reservoir
堆砂 reservoir sedimentation
排砂 sediment flushing
水質 water quality
底質 sediment quality
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.