財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V05018
タイトル
流量変動に伴う付着藻類の剥離とアユ生息環境の変動予測
[Title]
Numerical Prediction Method for the Impact of Flow-rate Variations on Algal Detachment and Habitats of Ayu
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
アユは清流を代表する魚であり,河川環境の保全上,また,内水面漁業の対象としても非常に重要な魚種である.近年,河川環境の悪化に伴い天然アユの減少が問題となっており,アユの生息環境を向上させることが重要視されている.アユは河床の付着藻類を餌とするため,その変動量を把握することは,アユの生息環境を評価することに繋がる.そして,付着藻類は流量増加時に河床を移動する砂礫によって強制剥離されるため,その剥離量を予測することは重要である.本研究では,粒子接触による付着藻類の剥離モデルを構築し,過去に実施した藻類剥離実験の再現解析することにより,構築した数値解析手法の妥当性の把握を行った.そして,構築した付着藻類剥離モデルと二次元河床変動数値解析手法を用い,模擬河川において増放流を実施した場合に解析対象河川区間で剥離される付着藻類量の予測,また,アユが利用できる水面積や摂餌可能な付着藻類量の変動予測解析を実施し,アユの生息環境を向上させるために最適な河川流量の検討を行った.
[Abstract]
Ayu (Plecoglossus altivelis), which inhabit clear-water rivers in Japan, are valuable fish as food and for recreational fishing. In recent years, the population of wild Ayu is in decline as a result of environmental aggravation. To solve this problem, it is necessary to improve habitats of Ayu in natural rivers. Algal condition in a river especially influences habitats of Ayu because Ayu feed chiefly on algae on river-bed. Algae are known to be detached by contact of bed load at high-flow condition. It is thus important for evaluating habitats of Ayu to predict the amount of algal detachment due to contact of solid particles. In this study, a numerical model for evaluating algal detachment due to contact of solid particles was developed. The numerical model was applied to simulate the experimental results conducted in the past. As a result, it was shown that the predicted algal detachment rate agreed with the experimental results. Moreover, simulative analysis of the impact of flow rate change on the habitat of Ayu was conducted. In the analysis, changes of river hydraulics, bed deformation, algal detachment and habitat area of Ayu according to river flow rate were predicted. The optimum flow rate for improving the habitat of Ayu was consequently concluded from the analysis.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山本 亮介

環境科学研究所物理環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
河川環境 Riverine environment
付着藻類 Sessile algae
剥離 Detachment
アユ Plecoglossus altivelis
生息場 Habitat
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.