財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V05024
タイトル
全球気象データの長期再解析 -JRA-25再解析データの仕様、品質、および気候変化研究への応用-
[Title]
Long-term reanalysis of global meteorological data --- Specification and quality of the JRA-25 reanalysis data and an application study on climate change ---
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所と気象庁による全球気象データの長期再解析(JRA-25)を完了し、JRA-25データの仕様と基本的な品質特性をまとめた。また、JRA-25データを他の再解析データや気候モデル実験の結果と比較し、20世紀終盤の気候変化を調査した。JRA-25データは、衛星観測が本格化した1979年以降を対象とし、気象庁の現業モデルに基づく再解析実行システムを用いたデータ同化計算により作成された。この計算では、独自データを含む多くの観測データを入力とし、200種類以上の気象要素の6時間毎の全球格子点値が出力される。JRA-25データは、期間を通じて概ね良好な品質であり、降水強度などでは欧米の再解析データより優れた品質を示す。JRA-25データから得られる地上気温トレンドの空間分布は、他の再解析データや気候モデル実験の結果と類似する。ただし、上空の気温や循環の変化については、データ間で整合性が得られず、気候変化の実態把握についての課題も明らかになった。
[Abstract]
A long-term reanalysis of global meteorological data, JRA-25, has been completed as a joint research project by CRIEPI and Japan Meteorological Agency (JMA), and specification and basic quality characteristics of the JRA-25 data have been summarized. Also, the JRA-25 data has been compared with other reanalysis data and results from climate model experiments, and climate change during the last two decades in the 20th century has been investigated. The JRA-25 deals with reanalysis since 1979, when an advanced satellite observing system was established, and reanalysis data was created through data assimilation by a reanalysis processing system based on JMA's operational models. In this data assimilation, many kinds of observation data including special data prepared for the JRA-25 are given as input data, and six-hourly global grid data composed of more than 200 meteorological variables are created. The JRA-25 data has satisfactory quality in general through the entire period and indicates better quality in some aspects such as precipitation rates compared with other reanalysis data from the United States and Europe. The spatial distribution of surface air temperature trends from the JRA-25 data is similar to that from the other reanalysis data and results from climate experiments. However, changes in temperatures and circulations in the upper air are not necessarily consistent across those data, which raises questions about understanding climate change in the real atmosphere.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

筒井 純一

環境科学研究所物理環境領域

初鹿 宏壮

環境科学研究所物理環境領域

門倉 真二

環境科学研究所物理環境領域

和田 浩治

地球工学研究所流体科学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
再解析 reanalysis
データ同化 data assimilation
衛星リモートセンシング satellite remote sensing
温暖化 global warming
熱帯循環 tropical circulation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.