財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V06001
タイトル
環境アセスメントの簡略化方法に関する調査(その1)−海域拡散係数の簡易設定法の提案と流動・拡散特性の季節変動の分析−
[Title]
Simplification of Environmental Assessment Method (No.1)-Simple Setting Method of Coastal Diffusion Coefficient and Analysis of Seasonal Fluctuation in Ocean Environment-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
全国83ヶ所の臨海発電所環境レポートに記載された海域データに基づき、海域流動および拡散係数に係る情報をデータベース化した。本データベースに基づき、発電所前面海域の拡散係数の地域性や流況特性との相関性、ならびに海域流動・拡散特性の季節変動について分析した。その結果、当該海域の拡散係数は、地域性や流れの周期性などに係らず、時間スケールと海域代表流速の自乗との積との間で明瞭な相関を示すことが明らかとなった。こうした結果に基づき、温排水拡散予測のための拡散係数の簡易設定法を提案した。また、流れの周期性が明瞭な海域については、卓越する周期の潮流振幅や拡散係数の季節変動は小さく、最低2季程度の観測で年間を代表する流動・拡散特性を把握できる可能性が示唆された。
[Abstract]
A database of ambient sea conditions concerned with coastal currents and diffusion coefficients was made on the basis of environmental assessment reports previously published on 83 thermal power plants sited on coasts in Japan. From the database, the regional characteristics of diffusion coefficient, the correlation between diffusion coefficient and coastal current, and the seasonal fluctuation of coastal current and diffusivity were analyzed. As a result, it was clarified that the averaged diffusion coefficients in the coastal areas in front of power plants show the strong correlation with (time-scale * typical velocity^2) in any region and current periodicity. On the basis of the correlation, a simple setting methods of a diffusion coefficient was proposed for simple prediction of warm water diffusion from the power plants. In the coastal area having periodic currents explicitly, the seasonal fluctuations of the prevailing tidal current amplitudes and diffusion coefficient were slight, and the result suggested that it was possible to estimate the typical characteristics of current and diffusivity in concerned coastal area by the field observation data of two seasons in a year at the minimum.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

水鳥 雅文

環境科学研究所

仲敷 憲和

環境科学研究所 物理環境領域

坪野 考樹

環境科学研究所 物理環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
環境影響評価 Environmental impact assessment
温排水 Warm water discharge
簡略化 Simplification
拡散係数 Diffusion coefficient
海域流動 Coastal current
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.