財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V06002
タイトル
環境アセスメントの簡略化方法に関する調査(その2)―気象観測および大気質観測の簡略化のための手法提案―
[Title]
Simplification of Environmental Assessment Method (No.2) -a proposal for simplification method of meteorological and air quality observation.
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
経済産業省が平成16年に「発電所に係る環境影響評価における項目削除・手法簡略化の考え方について」でまとめた指摘に基づき、大気環境アセスメントにおける年平均濃度、日平均濃度及び短期高濃度予測に係る調査、予測の合理的な簡略化方法を検討・検証した。その結果以下のことが明らかになった。
(1)発電所計画地点での気象観測により設定した場合と、AMeDASや気象官署など既存の気象データから、新に開発した空間補間と統計的方法を合わせた手法を用いて設定した場合について、年平均濃度・日平均濃度の予測値を比較したところ、その差は1ppb以内と小さい。このことから、十分に環境保全措置の計画されている発電所に関しては現地の気象観測を行わずともすむ手法が提案できる。
(2) 大気質データについても、上記手法を自治体等による測定局網に適用することで、評価地点のバックグラウンドを十分な精度で推定することができる。
(3)地上風速より上層風をべき乗則に基づき推定する際に用いるべき乗数の設定については、高層観測を実施せずとも、過去の事例の結果や、公害研究対策センターの「窒素酸化物総量規制マニュアル」等適切な文献からの値を用いることで十分な精度が得られる。
(4)短期高濃度解析について、高層気象観測を行わずに、内部境界層発達時のフュミゲーションなどの適切な予測条件を設定し、実際よりも小さくならずしかも過大とならない予測値を得ることが可能である。
[Abstract]
On the basis of the items pointed out by Ministry of International Trade and Industry (2004), the authors discussed and validated rational methods for simplification on prediction of annual/diurnal average concentrations and short term high concentrations on an atmospheric environment assessment;
(1) prediction on annual/diurnal average concentrations based on the meteorological observations at the planed location of power plant are compared with those based on the estimated values which are set with a newly developed spatial interpolation method and existing meteorological data such as AMeDAS. The differences between the predicted values are less than 1 ppb, so that the method to predict the concentrations without the newly meteorological observation at the planed location in the case of a power plant, where measures enough to preserve the environment are planed, is effective.
(2) the spatial interpolation method mentioned above can be applied to estimate sufficiently accurate values for background concentrations at a evaluation site with the data of a public observation network for air quality
(3) a power, which is used to estimate the wind speed at stack height from that at ground surface on the basis of the power low of the wind speed vertial distribution, can be set on the basis of precedents of assessment or an adequate literature, such as "manual for control on total amount of nitrogen oxide" by Environmental Research and Control Center, without upper atmospheric observation using meteorological sonde.
(4) without upper atmospheric observation, it is enabled to set adequate condition to predict short term high concentration event, such as fumigation under development of an internal boundary layer, where the predicted value is not less than observation and not much large.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2006
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

門倉 真二

環境科学研究所 物理環境領域

市川 陽一

環境科学研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
環境影響評価 Environmental impact assessment
簡略化 Simplification
大気拡散 Atmospheric diffusion
空間補間 Spatial interpolation
気象観測 Meteorological observation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.