財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V07021
タイトル
海面上昇への潜在的影響を考慮した温室効果気体の排出メトリックの提案と評価
[Title]
Proposal and Evaluation of an Emission Metric for Greenhouse Gases Considering Their Potrential Impacts on Sea Level Rise
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、海面上昇に及ぼす潜在的な影響を考慮した、各種温室効果気体の新しい排出メトリックを提案する。ボックス拡散型の簡易気候モデルを用いて、2種類の排出メトリックを見積もった。全球温度変化指数(GTP)と全球海面上昇指数(GSP)は、指定された評価時間(現在から20、100、500年後)における、全球平均された地表面温度と海面水位から算定される。例えば100年の評価時間では、主要な温室効果気体の持続排出に対するGTPが、インパルス排出に対する従来の地球温暖化指数(GWP)とあまり違わなかった。対照的に、CO2より短寿命の温室効果気体の持続排出に対するGSPは、GWPより相当に(30〜60%程度)大きかった。海面水位の上昇は、地球温暖化の最も重要な問題のひとつである。GSPは、将来の海面上昇に及ぼす影響を評価するための、各種温室効果気体の人為排出量の重みづけにおいて、GTPよりも優位性をもつ。
[Abstract]
A new emission metric for greenhouse gases (GHGs) considering their potential impacts on sea level rise is proposed in this study. Using a simple climate model of box-diffusion type, two kinds of emission metrics have been estimated. The Global Temperature Change Potential (GTP) and the Global Sea Level Rise Potential (GSP) are derived from the global mean surface temperature and sea level, respectively, at a specified time horizon (i.e., 20, 100, and 500 years after present). At a time horizon of 100 years, for example, GTP for sustained emissions of GHGs showed near equivalence to the conventional Global Warming Potential (GWP) for impulse emissions. In contrast, GSP for sustained emissions of short-lived GHGs was considerably (about 30-60%) larger than GWP. Sea level rise is one of the most important issues of global warming. GSP has an obvious advantage over GTP in weighting anthropogenic GHG emissions for assessing their impacts on sea level rise in the future.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2007
発行年月 [Issued Year / Month]
2008/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

西澤 慶一

環境科学研究所 物理環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
温室効果気体 greenhouse gas
排出メトリック emission metric
海面上昇 sea level rise
ボックス−拡散気候モデル box-diffusin climate model
京都議定書 Kyoto Protocol
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.