財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V08019
タイトル
バイオディーゼル燃料(BDF)製造に関する技術評価−製造技術のEPR評価とアブラギリ類由来BDFの性状把握−
[Title]
Feasibility study of biodiesel production -EPR of synthetic method and characteristic of Jatropha curcas, Vernicia cordata and Aleurites fordil-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
代表的なBDF製造法であるアルカリ触媒法、固体(CaO)触媒法、酵素法についてEPR評価を行った。その結果、エネルギー収益の序列は、固体触媒法(EPR=2.3)>アルカリ触媒法(1.8)>酵素法(<1.1)となった。ルカリ触媒法では、サーマルリサイクルの難しいグリセリンの生成や大量のアルカリ排水処理のためにEPRが低く見積もられた。また、酵素法は40℃加温での長時間反応から電力消費量が増大し、EPRが低い値となった。固体触媒法で最も負荷の高いファクターは触媒のエネルギーコストであり、高効率化を図る上での改善項目と言える。
EPR評価で優位とされた固体触媒法を用いて、ジャトロファおよび和産アブラギリ、シナアブラギリについてディーゼル変換を行った。その結果、和産アブラギリおよびシナアブラギリについては、多不飽和脂肪酸に由来する高いヨウ素価のために、軽油規格をクリアする品質の確保が難しいと考えられた。BDF以外の燃料変換を検討すべきである。
[Abstract]
The energy profit ratio (EPR) of biodiesel production was estimated. It was shown that the heterogeneous catalyst using calcium oxide was energy efficient as indicated by an energy ratio of 2.3. The EPR of Alkaline transesterification was not as high as 1.8 because the amount of alkaline waste water and glycerin, in which it was impossible to use thermal recycling, were produced. The biocatalyst method indicated the lowest energy ratio because of continuous heating for a long time. But it would be a most efficient method in places where such heat sources can be obtained, for example, Southeast Asia, India and Africa where suitable for the plantation of tropical oil plants.
Some biodiesel oil transesterificated from each crude oil of Jatropha, curcas, Vernicia cordata and Aleurites fordil were analyzed. It was found that Vernicia cordata and Aleurites fordil were not suitable for diesel fuel because the iodine value caused by the unsaturated fatty acid ester was high. On the other hand, Jatropha, curcas should be transesterificated quickly because of its oxidizable nature. And it might not do well at low temperature fluidity because of its high content of the saturation fatty acid ester.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

土屋 陽子

環境科学研究所 化学環境領域

松村 秀幸

環境科学研究所 生物環境領域

吉原 利一

環境科学研究所 バイオテクノロジー領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
バイオディーゼル燃料 Biodiesel fuel
EPR評価 Energy profit ratio
固体触媒法 heterogeneous catalysis
ジャトロファ Jatropha curcas
アブラギリ Vernicia cordata
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.