財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V08029
タイトル
マングローブ植林実証試験地におけるCO2固定量評価―植林初期と長期間固定量の予測―
[Title]
CO2 sequestration by mangrove forestation study site- Estimation of young forest and long term prediction -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
マングローブ植林を対象に含む小規模CDM方法論が2008年に承認されたが、土壌への炭素蓄積は考慮されていない。マングローブ林の泥炭層における炭素貯蔵は重要であることから、この簡素化方法論では固定量を過小評価することとなる。本研究ではマングローブ植林の実証試験を行い、マングローブ植林後のCO2隔離貯蔵量のモニタリングと予測により、泥炭層の炭素蓄積を含む固定量を算出した。2005年にベトナムにおいてマングローブ植林実証試験を開始し、メヒルギの立木密度、成長の現地調査、および実証試験地内外の氾濫原における柱状試料の分析により、実証試験地における炭素蓄積を含むCO2固定量を算出した。マングローブ植林初期では、台風などの自然災害および付着生物による斃死の影響が大きいため、立木密度維持のために複数回の補植が必要であることが示された。3年6ヶ月後の実証試験地のCO2貯蔵量は30haでは4.1 ton-Cとなった。実証試験地における正味の有機炭素堆積速度は、ベースラインを差し引いたおよそ3.3 ton-C ha-1y-1と算出された。生残立木密度と成長曲線を用いて予測したCO2吸収量は、22年後に7ton-C ha-1y-1で最大となり、CO2貯蔵量は35年後に110 ton-C ha-1になると予測された。また、泥炭層への炭素蓄積は15年目から始まり、成熟林に達すると泥炭層への有機炭素蓄積による貯蔵隔離が続くことが算出された。
[Abstract]
Forestation/reforestation CDM project under Kyoto mechanism is still lagging behind. Easily applicable small scale forestation CDM methodology relating to wetland including mangrove forestation has approved at 2008. However, the approved small scale CDM methodology does not include soil carbon pool, thus the methodology will not include one of the important CO2 sequestration mechanism of organic carbon burial effect mangrove peat. Since there are a few studies about peat formation in forested mangrove area, it is necessary to clarify how the much carbon will be accumulated in forestation area. We planted Kandelia candel seedling at north Vietnam where the mangrove forestation activity is well organized, to examine the carbon balance and forest carbon stock change, by measuring organic carbon burial in mud flat and mangrove swamp in and around the forestation study site. As a result, survival of mangrove young trees during 1-5 years is very sensitive to natural disaster such as typhoon, and barnacle fouling that make seedling dead. To keep tree density as planned in forestation area, several re-planting is necessary to secure carbon stock in the future forest. Under probable survival and growth curve model specially developed for Kandelia candel, we predicted that the maximum annual 7 ton-C ha-1 of CO2 sequestration and 110 ton-C ha-1of CO2 stock in forest. Organic carbon burial is also important in matured forest. Cost of CO2 sequestration by mangrove forestation in Vietnam was also estimated.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

立田 穣

環境科学研究所 生物環境領域

石井 孝

環境科学研究所 物理環境領域

今村 正裕

環境科学研究所 化学環境領域

メイ・シ・トアン

Hanoi University of Education

ダン・デュク・ニャン

Institute Nuclear Science and Techunique

キーワード [Keywords]
和文 英文
地球温暖化 Global warming
炭素吸収源 Carbon sink
マングローブ Mangrove
植林CDM Forestation CDM
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.