財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V08043
タイトル
中型哺乳類を典型性注目種とした生態系アセスメント手法の開発 −DNA情報を利用したタヌキ・アナグマの個体数推定−
[Title]
Development of ecosystem impact assessment methods for middle-sized mammals as the representative species -Population size estimation of raccoon dog and badger by fecal DNA typing-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
タヌキおよびアナグマの糞DNAから得られた個体情報を利用して,生息数や個体の分布,血縁関係を解析するための調査を実施した。タヌキのため糞場の利用個体を把握するための調査では,12週にわたって定期的に糞をサンプリングした。糞DNA解析から7個体の利用が確認され,このうち6個体は家族集団を構成していることが確かめられた。また,アナグマの生息数や分布を調べるために,約165haの調査範囲で網羅的に糞サンプリングを行った。68ヶの糞で個体を特定することができ,調査地内に30個体を確認した。サンプル数に対する確認個体数の累積曲線がとる漸近値から個体数推定を行ったところ,38個体(95%信頼区間:31-69)がこの調査地に生息すると推定された。糞DNA解析に基づく調査手法は,対象動物にストレスを与えることなく,精度が高い情報が得られるため,生態系アセスメントや野生動物の保全管理等に極めて有効な調査手法になるだろう。
[Abstract]
Raccoon dog and badger distribute widely in Japan, and inhabit mainly country-side forest. They are considered to be chosen as representative species for ecosystem impact assessments. In this study, we performed field research to estimate population size, distribution and the social structure of these animals based on the genetic information obtained from fecal DNA analysis. We collected raccoon dog feces regulary for 12 weeks from the study area in Abiko, Chiba prefecture to estimate the number and genetic relationship of individuals using their latrines. Seven raccoon dogs were identified and 6 of them constructed same family relationship. Badger feces were collected from the 165 ha study area in Satsumasendai, Kagoshima prefecture to examine population size and distribution of individuals. Total 68 feces were successfully genotyped and 30 badgers were identified. Population size in this study area estimated by the rarefaction method using genotyped data, was 38 individuals (95%CI= 31-69). These results indicated that the research method using fecal DNA analysis is effective to estimate population size, behavioral and population genetics for racoon dog and badger.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2008
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

松木 吏弓

環境科学研究所 生物環境領域

竹内 亨

環境科学研究所 生物環境領域

阿部 聖哉

環境科学研究所 生物環境領域

梨本 真

環境科学研究所

平田 智隆

西日本技術開発株式会社 環境部

上野 智利

九州電力株式会社 環境部

田崎 耕一

九州電力株式会社 環境部

キーワード [Keywords]
和文 英文
環境アセスメント Environmental impact assessment
個体識別 Individual identification
個体数推定 Population size estimation
Feces
マイクロサテライトDNA Microsatellite DNA
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.