財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V09005
タイトル
海洋酸性化に対する生物応答の解明−プランクトン群集を用いた培養試験−
[Title]
Responses of marine organisms to ocean acidification -Incubation experiment using a natural plankton assemblage -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
高純度空気をベースとするCO2標準ガスを海水中に直接吹き込むことによって海洋酸性化を模擬する培養試験装置を作成した。プランクトンへの海洋酸性化影響を解明するため,2006年夏季のオホーツク海外洋域において本試験装置を用いた船上培養試験を行った。植物プランクトン群集および有機炭素変化量の変化を解析した結果,試験を行った150 ppm(pH 8.40)から590 ppm(pH 7.89)の範囲内において,CO2分圧の増加に伴って植物プランクトン現存量に占める珪藻類の相対的な割合が減少するとともに,溶存画分の有機炭素増加量も減少した。すなわち,海洋酸性化の進行が植物プランクトン群集組成と有機炭素生成過程を変化させる可能性が示唆された。本試験において変化が示唆された珪藻類植物プランクトンは海洋へのCO2吸収や海洋食物網へのエネルギー供給源として大きな役割を果たしており,海洋酸性化に対する珪藻類の応答は重要な解明課題であることが明らかとなった。自然の環境変化のサイクルに合わせた栄養塩やプランクトン群集を用いた影響試験結果を積み重ねることにより,海洋プランクトンの増殖とCO2固定・吸収量に対する海洋酸性化の影響評価を確立していくことが重要である。
[Abstract]
Increase of CO2 in seawater (i.e. ocean acidification) may have various and potentially adverse effects on phytoplankton dynamics and the carbon cycle. To investigate the response of the phytoplankton assemblage and dynamics of organic carbon, we conducted a CO2 manipulation experiment in the Sea of Okhotsk in summer of 2006. During the 14-day incubation of nutrient-depleted surface water with a natural phytoplankton assemblage under 150, 280, 480, and 590 ppm in pCO2, the relative abundance of fucoxanthin-containing diatoms decreased with increase of pCO2. The amount of net dissolved organic carbon accumulation also decreased with increase of pCO2, while differences in net particulate organic carbon accumulation between the treatments were small and did not show a clear relationship with the pCO2. Change in the phytoplankton community composition under different pCO2 conditions will alter the organic carbon dynamics observed in the present experiment. These results suggest that more comprehensive studies are required to understand the impact of ocean acidification on phytoplankton growth under various naturally occurring physical and chemical conditions.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2009
発行年月 [Issued Year / Month]
2009/11
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

芳村 毅

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

杉江 恒二

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

西岡 純

北海道大学低温科学研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
海洋酸性化 Ocean acidification
二酸化炭素 Carbon dioxide
植物プランクトン Phytoplankton
光合成 Photosynthesis
有機炭素 Organic carbon
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.