財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V11020
タイトル
粘土鉱物の懸濁水中で培養したワカメの光合成と成長
[Title]
Effect of clay mineral turbid water on the photosynthetic and growth rate of Undaria pinnatifida
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
懸濁ー光合成実験は、光合成速度が一定となる10.2-10.4℃かつ光飽和する光量で行った。また,自然光を遮光して光量設定を行った懸濁-成長影響実験においても,各実験水槽の光量から計算した積算光合成量が一定であることを確認した。スメクタイト200 mg/Lまでおよびカオリナイト100 mg/Lの懸濁水中で培養したワカメの光飽和時の光合成速度は,清澄な海水中で培養したものと有意差がなく,光合成阻害影響は確認できず、また、スメクタイト200 mg/Lまでの懸濁水中で培養したワカメの成長は,清澄な海水中で培養したものと有意差がなく,成長阻害影響は確認できなかった。
[Abstract]
Turbid - photosynthesis experiments were conducted with light of 180 - 290 micro mol photons/m2/s and temperature of 10.2 - 10.4 C, under which the maximum deviation of photosynthetic rates was estimated as approximately 3 %. The results of the experiments showed that there were no significant differences between light-saturated photosynthesis rates of Undaria pinnatifida in clear sea water and those in turbid water when concentrations of suspended smectite and kaolinaite were less than 200 mg/L and 100 mg/L, respectively. Turbid - growth experiments were conducted under the natural light conditions which were proven to provide no differences in photosynthestic rate between experimental aquariums, and the results suggested that turbid water with less than 200 mg/L smectite did not affect growth of adult U. pinnatifida.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

本多 正樹

環境科学研究所 生物環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
懸濁水 Turbid water
粘土鉱物 Clay mineral
ワカメ Undaria pinnatifida
光合成 Photosynthesis
成長 Growth
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.