財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V11036
タイトル
冬季日本海沿岸地域で観測された降雪と降雨における海塩成分の洗浄比
[Title]
Scavenging ratio of sea-salt components for snow and rain collected in a coastal area of the Sea of Japan during winter season
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
新潟県下越地域で冬期間に実施した6時間ごとの海塩・降雪観測の3カ年分データ(2008年12月〜2011年3月)をもとに,降水を降雪と降雨に区分してNa+の洗浄比を評価した。採取された降雪試料の98%は,その導電率が200μS/cmを下回るものであった。Na+の洗浄比の幾何平均値は,降雪では8.5×106であり,降雨のそれ(3.6×106)よりも2倍程度大きい値を示した。このことから,過去の研究で予測されてきた通り,降雪の方が降雨よりも大気中の海塩粒子を効率よく取り込むことが明らかとなった。Na+と同様に他の海塩成分(Cl-,Mg2+)についても,降雪の洗浄比が降雨のそれに比べて2〜3倍大きい値を示した。一方,nss-SO42-などの非海塩性成分においては,両者に明瞭な差は見られなかった。また,降雪におけるNa+の洗浄比の幾何平均値は気温によらず一定であった。一方,降雨のそれは,地上気温が高くなるほど低下し,降雪のそれに比べて約1桁小さい値まで低下した。このことから,導電率が相対的に低い降水において,降雪の洗浄比が降雨のそれを上回る要因として,海塩粒子の濃度が地上付近で相対的に高く,降雨よりも降雪の方が雲底下での粒子状物質の取り込み効率が高いことが考えられた。
[Abstract]
Scavenging ratios of Na+ for rain and snow were evaluated in order to examine the differences in scavenging process of sea-salt aerosol between snow and rain in Niigata Prefecture, Japan. Concentrations of chemical constituents in precipitation and aerosol were measured at three sites in Niigata Plane, located along the Sea of Japan, during winter season of 2008-2010. The electrical conductivity for 98% of the snow samples was lower than 200 uS/cm. The geometric mean of the scavenging ratio of Na+ for snow was 8.5*106, being greater than that for rain (3.6*106). As well as Na+, the geometric mean of the scavenging ratio of Cl- and Mg2+ for snow was greater than that for rain, whereas the geometric mean of the scavenging ratio of non-sea-salt components including NH4+, nss-SO42-, NO3- for snow were almost equal to that for rain. The scavenging ratio of Na+ for snow remained constant with surface air temperature, while that for rain decreased with surface air temperature, falling to approximately one order smaller than that for snow. These results indicate that snow can be a more efficient scavenger of sea-salt aerosol than rain. The difference in scavenging ratio of sea-salt components between snow and rain would be attributed to relatively larger contribution of below-cloud scavenging to precipitation scavenging of sea-salt aerosol compared to non-sea-salt components, and the greater efficiency of below-cloud scavenging of sea-salt aerosol for snow than that for rain.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大原 信

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

藤田 慎一

電力中央研究所

杉本 聡一郎

地球工学研究所 流体科学領域

高橋 章

環境科学研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
降水洗浄 precipitation scavenging
海塩粒子 sea-salt aerosol
洗浄比 scavenging ratio
降雪 snow
がいし insulator
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.