財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V11060
タイトル
海洋レーダによる外海域の冬季流動観測の適用性 - 若狭湾東部海域の流動解析 -
[Title]
Applicability of Winter Current Observation with Ocean Radar in Open Sea Area - Coastal Current Analysis in the Eastern Part of Wakasa Bay -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所が開発したDBF海洋レーダによるリアルタイム流動監視システムは、発電所前面海域の環境調査やモニタリング等への活用が期待されているが、これまで厳しい気象・海象条件を伴う日本海の外海域での検証はなされていない。本研究では、JAEAとの共同研究により、若狭湾東部海域を対象に、冬季現地観測を実施し、海洋レーダの観測精度、耐久性、拡散特性の解析精度について検証するとともに、未解明な点の多い同海域の流動特性について検討を行った。もんじゅ前面における流速計の連続観測データと比較した結果、レーダから求めた流速データと相関係数0.7以上、標準誤差5〜10cm/s程度と良い対応を示した。また、表層2.5m程度までの流れは風による影響が強く、風に30分程度遅れて流れが追随する結果となった。また、レーダの連続観測結果より、不規則な流動パターンの変動をとらえることができ、海域特性の解明に寄与できることを確認した。
[Abstract]
The fundamental characteristics of the high-resolution ocean radar system with the VHF band under severe winter conditions in the open sea area were evaluated through the field observations in Wakasa Bay. As the results, over 50 percentage of the detection ratio of the horizontal currents by the radar was confirmed in about half of observational domain. The comparison between the current data of the radar and that of the current meter in one-month observation at the close point to Monjyu Power Station showed good correlation with a correlation coefficient over 0.7 and the standard error of 5 to 10cm/s. It was also indicated that the currents from surface to 2.5m below the surface were mainly driven by the wind fluctuation component of the 25.3 hours with the phase of 30 minutes. The ocean surface radar could detect the horizontal current patterns in the irregularcurrent field under the sever weather and oceanic condition, which might largely contribute to comprehend unknown ocean characteristics in an open sea.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2011
発行年月 [Issued Year / Month]
2012/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

坂井 伸一

環境科学研究所 水域環境領域

松山 昌史

地球工学研究所 流体科学領域

坪野 考樹

環境科学研究所 水域環境領域

吉井 匠

環境科学研究所 水域環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
海洋レーダ Ocean Radar
外海域 Open Sea Area
冬季流動観測 Winter Current Observation
適用性評価 Applicability Assessment
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.