財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V12008
タイトル
温暖化適応に関する国内外の動向調査
[Title]
A Survey Report on Domestic and Overseas Adaptation to Climate Change
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
温暖化対策としての適応策は、緩和策と相補的な関係にあるが、我が国では知見が少ない。適応策で先行する海外の事例調査を通じて、わが国の電気事業に必要な適応策についての展望をとりまとめた。カナダは、国内の気候変動影響と脆弱性を地域毎に評価し、既存の立案プロセスにリスクマネジメント手法を用いた適応策を組み入れる重要性を述べている。英国気象局はエネルギー事業者との共同研究により、気温上昇が火力発電所の出力に及ぼす影響等について検討している。国連は2030年時点の緩和と適応に必要な資産と資金について検討し、適応は社会基盤設備への費用が最も多く、80〜1,300億米ドル2)必要になるとした。わが国の主要な電力設備においては、火力発電所のリプレースや脆弱性を有する分散型電源の導入、ならびに長期的な管理が必要な原子力関連施設の維持運用においては、統合モデルなどの意志決定ツールを活用した先行的な適応策検討が必要になると考えられる。
[Abstract]
Adaptation is a necessary complement to mitigation for moderating harm or taking advantage of new opportunities in addressing climate change. For advances in understanding adaptation, examples of recent and ongoing adaptation strategies and initiatives were surveyed. The assessment report "From Impacts to Adaptation: Canada in a Changing Climate 2007" presents conclusions regarding current and future impacts of, and vulnerabilities to, climate change in Canada and also discusses adaptation actions being taken now and those that could be undertaken in future. In 2008 UK Met Office in conjunction with key energy companies developed practical ways to respond to the challenge of climate change and concluded that the output of thermal power stations in particular Combined Cycle Gas Turbines could be suppressed with higher air temperature meaning lower air density and, in turn, lower mass flow. The United Nations has estimated that the additional annual investment and financial flows needed in 2030 would be at USD 8 to 130 billion to adapt new infrastructure vulnerable to climate change. For the perspective of the adaptation strategies in the electric power industry, renewals of thermal power plant, dispersed power systems, and nuclear power facilities would be considered necessary to evaluate the adaptation strategy with help from decision making tools such as an integrate assessment model for climate change.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

坂井 伸一

環境科学研究所 水域環境領域

山本 博巳

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

竹内 亨

環境科学研究所 生物環境領域

野原 大輔

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
気候変化 Climate Change
地球温暖化 Global Warming
適応 Adaptation
海外動向 Overseas Survey
投資 Investment
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.