財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V12009
タイトル
ジャトロファ燃料油混焼発電のエネルギー効率とコスト分析─風力・メガソーラーとの比較─
[Title]
An analysis of energy and cost efficiencies of Jatropha co-firing power generation
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
再生可能エネルギー導入の事業成立性判断に資する情報を得るため、バイオマス(ジャトロファ)生産および風力発電システム(2MW級)、太陽光発電システム(1MW)を対象に、同一指標においてエネルギー消費およびコスト試算を行った。その結果、バイオマス生産のエネルギー消費量は他の再生可能エネに比して著しく高い値となることが示された。風力発電のエネルギー消費量が最も低く、太陽光は風力の2倍程度の水準となった。バイオマス生産では化学肥料の投入、太陽光発電システムでは太陽電池パネル製造に伴うエネルギー消費が最大の負荷要因であることが明らかとなった。単位面積当たりの発電量においても、バイオマス生産は他者に比べ、著しく低い値を示した。しかし、発電単価は、風力発電システムで9.8円/kWh(土地代含まず)、バイオマス生産で16円/kWhであるのに対し、太陽光発電システムで37円/kWh(土地代含まず)となる試算結果が得られた。バイオマス生産では、東南アジア・アフリカの安価な労働力と土地を利用できるため、コスト面で有利になると考えられた。
[Abstract]
For a rational operation of the feed-in tariffs for renewable energy which was introduced in July 2012 in Japan, precise efficiencies of those power generation technologies based on renewable energy sources should be assessed. We analyzed the energy and cost efficiencies of those power generation systems such as co-firing of biofuel made from Jatropha into oil fired power generation, 2MW class wind power and 1 MW solar power.
As the result, the energy consumption associated with the biofuel production per unit of kWh generated was 2.7 MJ/kWh, by far inferior to the other two systems. The energy efficiency of solar power system was 0.63 MJ/kWh, which is about twice of that of wind generation system. Eighty percent of the energy consumption in the biofuel production is due to manufacturing the commercial fertilizer, while manufacturing of the solar panel occupies 70% in the solar power system. The result of unit cost of power generation reveals that the wind power is the most advantageous while the solar power the least. The unit cost of the biofuel based power proved to be equal to the wind power, partly because labor and land in Southeast Asia and Africa, where the study assumed the biofuel production, were both inexpensive at present. Although the equipment cost of solar power system is expected to decline rapidly through expansion of mass production, presently it remains costly. From the viewpoint of the amount of kWh per unit area, the biofuel production showed significantly lower output than the solar and wind systems.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2012
発行年月 [Issued Year / Month]
2013/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

土屋 陽子

環境科学研究所 バイオテクノロジー領域

今村 栄一

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

坂東 茂

社会経済研究所 エネルギー技術評価領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
再生可能エネルギー Renewable energy
バイオ燃料生産 Biofuel production
ジャトロファ油 Jatropha oil
エネルギー効率 Energy efficiency
発電コスト Cost of kWh
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.