財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V13021
タイトル
日本におけるCCS付き石炭火力発電のライフサイクルアセスメント(その2)−太陽光発電、地熱発電との環境影響比較評価−
[Title]
Life Cycle Assessment of a Pulverized Coal Power Generation with CCS Technology in Japan (Part 2) -Comparative Study on Environmental Impact of Photovoltaic and Geothermal Power Generation-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
CCS付き石炭火力発電の環境側面の特徴を明らかにするため、事例として太陽光発電(PV)と地熱発電を対象とし、ライフサイクルにおける様々な環境影響を比較評価した。各対象技術に対して同じ評価枠組みを設定し、LCA手法を用いてインベントリ分析と特性化評価を行った結果、以下を明らかにした。
各影響領域での主な要因は、CCSの場合、人間毒性・富栄養化・酸性化影響にはアミン系吸収液(MEA)の製造・劣化に伴う酸化エチレンとNH3の排出であった。PVの場合、光化学オキシダント・富栄養化には基盤化段階での直接排出物質、酸性化等には製造段階での金属類、鉱物資源消費には銀であった。地熱発電では全影響領域で掘削と建設に使用する資材とエネルギー消費であった。
単位発電量当たりの各環境影響をCCSなし石炭火力発電と比較した結果、技術により特徴が異なっていた。CCSでは、MEAの製造と劣化に由来する富栄養化・人間毒性・酸性化の特性化影響量が大きかった。PVでは、土地改変面積・鉱物資源消費・富栄養化・廃棄物の特性化影響量が約5〜500倍大きく、それ以外は小さかった。地熱発電では、影響領域全般において小さかった。
[Abstract]
The method of life cycle assessment is used to assess the environmental impacts of three low-carbon power generation technologies in Japan, i.e. coal-fired power generation with carbon capture and storage (CCS); photovoltaic power generation (PV) using polycrystalline silicon panel and single-flash geothermal power generation), and compare the results with coal-fired power generation without CCS as a reference technology. The CCS system comprises post-combustion CO2 capture with monoethanolamine (MEA) solvent, compression, transport by pipeline and ship, and storage in a geological reservoir. We analyze eleven impact categories applying the same methodological framework. It was confirmed that all the technologies reduce CO2 emissions substantially. However, CCS showed higher impacts of soil-acidification and eutrophication caused by NH3 emission and the impact of human toxicity caused by emission of ethylene oxide from MEA production process in comparison with the coal-fired power generation without CCS. PV power generation was substantially more intensive in metal and land uses than the other power generations. Geothermal power generation, meanwhile, showed the lowest impact on most impact categories except land use.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

湯 龍龍

環境科学研究所 環境化学領域

横山 隆壽

環境科学研究所

窪田 ひろみ

環境科学研究所 環境化学領域

下田 昭郎

環境科学研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
ライフサイクルアセスメント Life cycle assessment (LCA)
特性化評価 Characterization
CO2回収・貯留 Carbon dioxide capture and storage (CCS)
太陽光発電 Photovoltaic power generation
地熱発電 Geothermal power generation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.