財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V13023
タイトル
エネルギー分散型蛍光X線分析装置を用いた石炭灰中セレン、ヒ素、クロムの簡易・迅速定量
[Title]
Simple and rapid determination of selenium, arsenic, and chromium in coal ash by energy dispersive X-ray fluorescence spectrometer
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
石炭灰を土工材として有効利用を拡大するには固化体のセレン(Se)、ヒ素(As)、クロム(Cr)に対する環境安全性評価が必要である。これらの項目について溶出リスクの少ない低含有灰を選別できれば、固化体の環境安全性の担保に繋がると考えられる。しかしながら石炭灰中Seはこれまでに簡易測定の適用事例がなく、石炭灰中3元素同時定量における分析精度についても明らかでない。そこで、蛍光X線分析装置を用いて石炭灰中Seを試料の成型作業なしに定量できるメソッドを確立するとともに、Se、As、Crが同時定量できる条件を探索した。提案法における検出下限値はSeで0.17 mg kg-1、Asで0.24 mg kg-1、Crで4.3 mg kg-1であり、従来法(湿式分解−ICP-OES法)とほぼ同等の感度が得られた。また、実機灰18種に含まれるSe、As、Crを測定した結果、提案法の測定値は従来法の測定値と高い相関を示した。以上より、提案法は石炭灰中Se、As、Crの同時定量が可能となり、現場での石炭灰の選別に活用できる見通しを得た。
[Abstract]
The simple and rapid determination of selenium, arsenic, and chromium in loose-powder coal ash by desktop X-ray fluorescence spectrometer was developed. The calibration curves of four reference standard samples exhibited a good linearity (correlation coefficient, r2 = 0.9973-0.9999), accuracy, and reproducibility. The lower limits of detection were 0.17 mg/kg for Se, 0.24 mg/kg for As, and 4.3 mg/kg for Cr. The results show a high degree of accuracy and precision technically desired for measurement of selenium, arsenic, and chromium in coal ash. Moreover, the measurement time was 1/15 or less than those in the case of the conventional methods (combination of wet digestion treatment and ICP-OES analysis). We applied the developed method to the determination of selenium, arsenic, and chromium contained in coal ash samples, and an excellent correlation (n = 18, Se: r2 = 0.950, As: r2 = 0.992, Cr: r2 = 0.886) was obtained between the proposed method and the conventional methods. The advantage of this method is that sample pretreatment is not required, which can be comprehensive environmental survey of trace substances for reuse of coal ash.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2013
発行年月 [Issued Year / Month]
2014/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

正木 浩幸

環境科学研究所 環境化学領域

井野場 誠治

環境科学研究所 環境化学領域

安池 慎治

環境科学研究所 環境化学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
微量物質 Trace elements
簡易・迅速定量 Simple and rapid determination
石炭灰 Coal ash
石炭火力発電所 Coal-fired power plant
エネルギー分散型蛍光X線分析装置 Energy dispersive X-ray fluorescence spectrometer
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.