財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V14005
タイトル
トレーサー法を用いたわが国のPM2.5濃度に対する発電所の寄与評価
[Title]
Evaluation of source apportionments on PM2.5 in Japan from power plants on the basis of air quality model with tracer method
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
大気質モデルのトレーサー法を用いて、わが国のPM2.5濃度に対する発電所等の各種発生源の寄与を評価した。発生源区分として、発生源種別を発電所、自動車、船舶、産業や民生部門などのその他人為起源、および自然起源に区分し、発生源領域を国外と国内の3つの領域(西日本、中日本、北日本)に区分した。大気質モデルはPM2.5の主要構成成分である硫酸塩、硝酸塩、アンモニウム塩、およびPM2.5について良好な再現性を有することを確認した。PM2.5濃度の若干の過小評価の要因としては、有機炭素の過小評価が考えられた。
わが国のPM2.5濃度の年平均値は2005年において10.1μg/m3であった。発生源寄与評価の結果、国外の人為起源の寄与は47%、国内の人為起源の寄与は31%、また、船舶の寄与は6%、自然起源の寄与は16%であった。国内の発電所の寄与は3%と推計され、これは0.3μg/m3に相当する寄与であった。推計された国内の発電所の寄与について、顕著な領域差は認められなかった。今後は、発電所近傍の寄与評価へ向けて、高解像度の大気質モデルの開発へと展開する。
[Abstract]
Source apportionments of PM2.5 in Japan impacted from power plants and various emissions sources were evaluated based on air quality model with tracer method. Emission groups (categories/regions) were defined as follows. Emission categories were divided into 5; power plants, automobiles, ships, other anthropogenic sources (indutry and domestic etc.), and natural sources. Emission regions were divied into 4; abroad and three Japanese regions (western, central, and northern Japan). Air quality model can well reproduce the observed feature across Japan for main species of PM2.5 (sulfate, nitrate, and, ammonium), and PM2.5. For PM2.5, air quality model slightly underpredicted due to the underestimation of organic carbon.
Simulated annual mean PM2.5 concentration in Japan was 10.1 micro-g/m3 on the year of 2005. Across Japan, trans-boundary transport contributed with 47%, and domestic emissions impacted 31%. Ships and natural sources respectively contributed with 6% and 16%. Power plant sources in Japan attributed 3% on PM2.5 in Japan, which corresponded to 0.3 micro-g/m3. The contribution ratio of power plant sources did not exhibit regional dependencies across Japan. High-resolution air quality model should be further developed so as to investigate the impact of individual power plant.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

板橋 秀一

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

速水 洋

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
大気質モデル Air quality model
トレーサー法 Tracer method
微小粒子状物質 PM2.5
発電所 Power plant
発生源寄与 Source contribution
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.