財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V14006
タイトル
水中セレンの簡易モニターの開発(その5) -メンテナンス性向上のためのセンサ部の改良-
[Title]
Development of simplified monitor for selenium in aqueous solution (Part 5) - Stabilized performance of gas sensor for improved maintenance -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所が開発した発電所排水のセレン濃度を自動測定するプロセスモニターで長期間測定する際に観察されるセンサ感度の経時低下の要因を推定し、その対応策をラボ試験により検証した。セレンモニターのキャリヤガスを徹底除湿して実排水を測定したところ、2週間でセンサ感度が低下した。感度低下したセンサでは、隔膜が作用電極に貼り付き、ゲル状物質やスケールが隔膜に析出した。ゲル状物質は隔膜を透過した電解液であり、スケールは電解液がキャリヤガスと反応して生成した塩化物や炭酸塩と判断された。感度低下の主因は隔膜の作用電極への貼り付きであり、隔膜の貼り付き後に、ゲルやスケールが析出する傾向を示した。隔膜の貼り付きは、電極と隔膜の間の微小空間の電解液が隔膜から揮発するためと推定した。センサ隔膜からの電解液の揮発を抑制する目的で隔膜と接触するキャリヤガスを加湿したところ、センサ感度の低下が抑制され、1ヶ月の測定においても隔膜交換は不要で、隔膜の貼り付きも抑制される傾向であった。
[Abstract]
The online selenium monitor, a fully automated process monitor for aqueous selenium in desulfurization wastewaters from coal-fire power plants, shows a decline in performance of the gas sensor, a Galvanic cell gas detector during long-term continuous tests. We studied and speculated the causes for the declined performance of the sensor and verified the countermeasures through the lab tests. When employing thoroughly dehumidified air as carrier gas in the monitor, the gas sensor showed a decline in sensitivity in a two-week test. In the degraded gas sensor, the permeable membrane was stuck on a work electrode in the sensor, and gel-like materials and scales were deposited on the membrane. Based on chemical analysis, the gels are found to be electrolyte permeated through the membrane and the scales are chloride and bicarbonate formed through the reactions of the electrolyte and carrier gas constituents. The main cause for the degraded performance is the permeable membrane stuck on the electrode. After the membrane is stuck on the electrode in the run, gels and scales seems to be deposited on it. It is speculated that the membrane is stuck on the electrode by vaporization of electrolyte in micro-space between the electrode and the membrane. When the carrier gas contacting the membrane was humidified in the lab tests to prevent the vaporization, the performance decline was suppressed and so was the stuck membrane. In the one-month run, the replacement of membrane is eliminated and the stuck membrane was also loosened.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

大山 聖一

環境科学研究所 環境化学領域

青田 新

環境科学研究所 環境化学領域

正木 浩幸

環境科学研究所 環境化学領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
セレン Selenium
オンラインセレンモニター Online selenium monitor
隔膜ガルバニ電池式センサ Galvanic cell gas detector
排煙脱硫排水 Flue gas desulfurization wastewater
キャリヤガスの加湿 Humidified carrier gas
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.