財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
V14017
タイトル
火力発電所用大気アセスメント支援ツールの改良
[Title]
Improvement of a support tool for atmospheric environmental impact assessment of thermal power plants
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
当所の開発した「火力発電所用大気アセスメント支援ツール」に石炭火力発電所に対応した予測機能を追加するとともに、ツールの操作性・利便性の向上を図るため、複数の新たな機能を追加した。主な改良点は以下の通りである。(1)一般に公開されているデータベースより硫黄酸化物、浮遊粒子状物質のバックグラウンド(BG)濃度を取得し、発電所排ガスによる影響評価を簡便に行う。(2)年平均値の予測において、発電所稼働時の負荷率を考慮した拡散計算を行う。また、日平均値予測において、実測高濃度日(発電所周辺測定局において計算対象期間にBG濃度の日平均値の最大値が出現した日)を対象とした予測を行う。(3)リプレース前後の着地濃度や複数の気象条件を対象とした感度解析結果の比較が容易となるよう、煙軸上着地濃度分布を出力する。また、着地濃度の分布状況を詳細に検討できるよう、メッシュ別濃度図を出力する。(4)現地で観測された気象データ(地上、上層、高層)を整理・解析し、アセス図書で要求される帳票およびグラフを作成する。今回改良したツールを用いることにより、リプレース前後の着地濃度や複数条件における感度解析結果を簡便に比較して検討できるため、合理化ガイドラインに沿った予測評価を効率的に実施することができる。
[Abstract]
In this study, we improved a software tool, which is used in predicting atmospheric dispersion, for Environmental Impact Assessment (EIS) of thermal power plants. This software is based on a Geographic Information System (GIS) platform, and input parameters such as source location, calculation points, and building dimensions can be automatically configured using a Graphical User Interface (GUI). Annual and diurnal average concentrations are calculated using Gaussian dispersion models and meteorological observations. Calculation results are presented on a map using color mesh patterns and numerical values. Short-term high concentrations under various weather conditions can also be calculated rapidly, and users can compare the results of sensitivity analyses through a simple procedure. To evaluate the influence of exhaust gases emitted from coal-fired power plants to the surrounding atmospheric environment, the ground-level concentration of sulfur oxides and suspended particulate matter can be predicted using this improved software tool. Several new functions have also been added to improve operability of the software. This software is compatible with the Windows operating system (Windows 7 Service Pack 1).
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2014
発行年月 [Issued Year / Month]
2015/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

佐藤 歩

環境科学研究所 大気・海洋環境領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
火力発電所 thermal power plant
環境アセスメント environmental impact assessment
大気質 air quality
リプレース replacement
感度解析 sensitivity analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.