財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
W00035
タイトル
氷蓄熱カプセル充填蓄熱槽の蓄冷熱量に及ぼすブライン温度とカプセル外径の影響
[Title]
Influence of brine temperature and capsule diameter on stored heat capacity of encapsulated ice storage tank
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究の目的は、氷蓄熱カプセル充填蓄熱槽の蓄冷熱量に及ぼすブライン温度とカプセル外径の影響を、実験により明らかにすることにある。本研究により、蓄冷熱量が実用的な蓄冷熱時間内に飽和してしまい、それ以上は蓄冷熱が進行しなくなることがわかった。また、そのときの蓄冷熱量はブライン温度によって異なり、槽内の全カプセルが凍結を完了する場合の理論値と全カプセルが過冷却状態を維持する場合の理論値の、中間値となる温度範囲のあることがわかった。この温度範囲では、カプセルによる過冷却解除温度のばらつきが原因で、凍結を完了したカプセルと過冷却を維持するカプセルとが混在していると推測される。更に、このブライン温度範囲が、カプセル外径を小さくすると低温側に広がることがわかった。これは、カプセル内容積が小さくなると、過冷却解除温度が低下するとともに、カプセルによる過冷却解除温度のばらつきが拡大するためと推測される。
[Abstract]
Tke aim of this study is to probe the influence of brine temperature and capsule diameter on stored heat capacity of encapsulated ice storage tank by experiment. It has turned out that stored heat capacity of encapsulated ice storage tank is saturated within a practical charging period and a charging process is not progressing, the stored heat capacity depends on brine temperature, and there is the brine temperature range in which the stored heat capacity amounts to the intermediate value between the theoritical one when all capsules freeze perfectly and that when all capsules keep supercooling. In this brine temperature range, it must be that both of freezed capsules and supercooled capsules are mixed because of difference of supercooling release temperatures by every capsules. In addition, it has turned out that this brine temperature range spreads to low temperature side when capsule diameter is small. It must be that, when inside volume of a capsule is small, supercooling release temperature is lowered and difference of those by every capsules is expanded.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長谷川 浩巳

横須賀研究所プラント熱工学部

土屋 陽子

横須賀研究所プラント熱工学部

岩坪 哲四郎

横須賀研究所プラント熱工学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
蓄熱 thermal storage
氷蓄熱カプセル encapsulated ice
蓄熱槽内容積 tank volume
成績係数(COP) coefficient of performance
過冷却 supercooling
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.