財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
W03003
タイトル
SOFC空気極用ランタンマンガナイトの熱サイクル収縮の現象解明と置換元素の影響
[Title]
Mechanisms of Thermal Cycle Shrinkage of Lanthanum Manganites and Effect of Dopant Element on Thermal Cycle Shrinkage
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
ランタンマンガナイトは、高温で酸素を還元する触媒機能をもつため、固体酸化物形燃料電池(SOFC)用空気極に用いられている。当研究所は、本材料が熱サイクルにより不可逆的に緻密化していく(熱サイクル収縮)現象を発見し、新たな課題を報告した。電極(酸素の還元)反応は空気極と電解質との界面で起こるため、空気極の多孔性を維持することが不可欠である。しかしながら、熱サイクル収縮現象の詳細は明らかになっておらず、熱サイクル収縮現象が空気極の多孔性にどのような影響を与えるか明確でない。本研究では、SOFC用空気極としてよく用いられている組成のランタンマンガナイト(La0.8Sr0.2MnO3)を用い、電極ミクロ構造と熱サイクル収縮現象との関係を明らかにするとともに、昇降温速度と熱サイクル収縮現象の関係を調べた。また、ペロブスカイト構造のAサイトに他の希土類元素、Bサイトに他の元素を部分置換し熱サイクル収縮現象への影響を調べた結果、Aサイト部分置換は熱サイクル収縮現象に効果がないこと、BサイトのMg,Cr,Co,Niの部分置換は熱サイクル収縮に効果があることが判った。特にNi元素置換は熱サイクル収縮を小さくする効果が高く、10モル%Niを置換したLa0.8Sr0.2Mn0.9Ni0.1O3はほとんど熱サイクル収縮を示さなかった。
[Abstract]
The mechanisms of thermal expansion and shrinkage for sintered La0.8Sr0.2MnO3 samples, with various microstructures, have been investigated in air during thermal cycle measurements between 600 and 1100℃. Linear thermal expansion coefficients (TECs) of the porous samples with initial relative densities < 88 % decreased at temperatures approximately 850℃, and continued to shrink during thermal cycling up to approximately 1000 cycles. The dense samples with relative densities < 88 % showed no shrinkage during thermal cycling and their TEC increased monotonically with increasing temperature. It was found that the shrinkage rates of the samples showed a linear dependency on their initial relative density, and had a tendency to decrease with increasing the heating/cooling rate.The technique for removing shrinkage behavior of porous La0.8Sr0.2MnO3 during thermal cycling by B-site doping (Mg, Al, Ti, Cr, Fe, Co, Ni) has been studied as a cathode tube materials in high-temperature solid oxide fuel cells (SOFC). Mg, Cr, Co or Ni doping was an effective way of decreasing the shrinkage during thermal cycling. Especially, no shrinkage was observed for 10 mol% Ni-doped La0.8Sr0.2MnO3.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

森 昌史

横須賀研究所エネルギー材料部

キーワード [Keywords]
和文 英文
SOFC SOFC
空気極 Cathode
ランタンマンガナイト Lanthanum Manganites
熱サイクル収縮 Thermal Cycle Shrinkage
分子設計 Material Design
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.